• 就学援助制度は、小中学生のいる家庭を経済的に援助します。
  • 就学援助が利用できるのに利用していない家庭がたくさんありますので、積極的に利用してください。

いまの日本では、あまりに子育てにお金がかかります。しかし、最低限必要な義務教育については、経済的な理由から学校に通えないことのないよう「就学援助」制度があります。

就学援助とは

小中学生の入学準備、教材費、体操着、給食費などを補助する制度です。

市町村が実施していますので、市町村によって制度の中身が少しずつ違います。就学援助費は、貸与ではなく給付です。対象となる世帯は積極的に活用してください。

保護者の失業等によって、年度の途中で収入が激減するような場合もあるため、就学援助は年度途中でも受け付けることになっています。困ったときは、すぐに申請してください。

就学援助の基準

生活保護の受給者(要保護者)と、それに準じる程度に困窮している人(準要保護者)です。準要保護者の範囲の基準は市町村ごとに異なります。小中学生のいる家庭は、ひとまず役場の教育委員会に聞いてみましょう。

就学援助の申請理由

就学援助の申請理由は、特に必要ありません。市町村で定めている基準と世帯収入を比較して、基準よりも世帯収入が低ければ、就学援助を利用することができます。

補助の対象となる費用

補助の対象となる費用は、準要保護者の場合、市町村ごとに異なります。

  • 学用品費、通学用品費
  • 校外活動費
  • 修学旅行費
  • 学校給食費
  • 医療費
  • 新入学児童生徒学用品費  など
2017年度就学援助の支給内容と年間金額(国基準)
支給項目 小学校 中学校
学用品費 11420円 22320円
通学用品費 2230円 2230円
校外学習費(宿泊を伴わないもの) 1570円 2270円
校外学習費(宿泊を伴うもの) 3620円 6100円
体育実技用具費 スキー26020円、スケート11590円 柔道7510円、剣道51940円、スキー37340円、スケート11590円
入学準備金(新入学児童生徒学用品費) 20470円 23550円
クラブ活動費 2710円 29600円
生徒会費 4570円 5450円
PTA会費 3380円 4190円
通学費 39290円(実費) 79410円(実費)
修学旅行費 21190円(実費) 57590円(実費)
医療費 トラコーマ、中耳炎、虫歯など6つの学校病の治療費
学校給食費(完全給食) 51000円 60000円
日本スポーツ振興センター掛け金 掛け金の2分の1

就学援助が危ない!

国の準要保護者に対する補助が廃止される中、自治体によっては就学援助制度の認定基準や支給費を引き下げています。市町村による広報もまったく違います。年度初めにすべての小中学生に配布する自治体もあれば、ひっそりと教育委員会のホームページに掲載しているだけというところまで対応はばらばらです。

就学援助の基準となる生活保護基準が引き下げられたため、これまで対象とされた世帯が対象外となるケースも出てきます。社会保障は、貧困の連鎖を防ぐための制度です。理由もなく生活保護基準の引き下げることは、決して許されるものではありません。

新潟市の場合、「就学援助対象者の急増により制度の持続が困難」との理由で支給率を削減しました。しかし、制度維持が困難となった理由は小中学生やその親にはありません。原因を作り出した政治の無責任な対応です。

援助を受けることは恥ずかしい、がんばれるから大丈夫と就学援助を受けられるのに受けない家庭もあるようです。しかし、就学援助を受ければその分、その子にはいろいろなことをさせてあげられるはずです。就学援助は子どものための制度です。