中央行動行ってみた

いろいろな労働組合が統一して7月21日、中央行動を行ったので、それに参加してきました。集会の正式名は、めっちゃ長いので省略です(^^;

東京人って足早いよね

新潟から東京駅に降り立ってはじめに感じること。それは、東京人ってめっちゃ足早い(@_@)
歩いていても速い。
エスカレーターでは右側を空けて一列に並び、急ぐ人は右側をすたすたと駆け上る(←よい子はまねしてはいけない行為)。

急ぎすぎだよね。
ストレスフルだよね。
そう感じるのです。

官邸が近い

東京駅からは、地下鉄丸の内線を目指して地下へ。そして、国会議事堂前駅で降りると、そこは首相官邸の近くです。

総理官邸

警備の警察官がわらわらしてます。暑い中、ご苦労様です。

というわけで、官邸をバックに記念撮影。

暑い空をバックにこちらも。

誰にでも安定雇用を

今日は「誰にでも安定雇用を」をのぼりの先につけてみました。

主催者からは、いまの働かせ方の問題点についての演説です。

  • 消費水準がずっとマイナスになっているのだから賃上げすべき。
  • 地域や世代の間での格差がありすぎ。
  • 非正規公務員の待遇改善が不十分。
  • 労働時間の上限規制を。

ホント働いている人がよくなると、経営者もよくなるし、税収も増えるという考え方にならないのはなぜなんでしょうね。

国会

(=_=)(=_=)(=_=)

その後も続きます

この日の東京は、ものすごく暑いです。
アスファルトや石畳の上なので、ひどいなんてもんじゃありません。

街宣車からマイクでお話ししている人も、とても暑そうです。

街宣車の上から

日比谷公園の野外音楽堂で集会ですが、いすが焼けています。

小田川義和 全労連議長

8時間働いたら、それでちゃんと暮らせる賃金にしていかないといけませんよね。

こちらは、すでに「残業代ゼロ」で働かせホーダイになっている公立学校の教職員組合。
全教

学校でも臨時教員が増えているそうです。
それに、奨学金返済が子どもの進路に影響が出るとも(๑•﹏•)

銀座へ向けてデモ行進!

集会後は銀座へ向けてデモ行進です。

こちらは待機中の映像です。
音声付きでお楽しみください。

まとめ

権利を主張することは、正しいことです。「わがまま」という印象を持っていたら、それは間違いです。
権利は使わないと、小さくなり、いつかなくなります。そうすると、私たちは奴隷になります。

もしかしたら、もう奴隷に近いかもしれません。

  • サービス残業は違法だとわかっているのに、止められない。
  • 有給休暇は使えて当たり前なのに、使いにくい。

かといって、将来が約束されているわけではありません。
老後の年金はどうなるのでしょうか。
介護サービスを利用できるでしょうか。
病院に行けるでしょうか。
子どもや孫はどうなるでしょうか。

まずは、家族と話し合ってみてください。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

メールフォームからお問い合わせ

最新情報をチェックしよう!