休憩時間に仕事をしても休憩していることにさせられるのはおかしくないですか?

こんなご相談です。

コンビニでアルバイトしています。休憩時間は名前だけで、実際には休憩できないこともあるし、お客さんが来ればすぐに表に出なければなりません。もちろん、給料も払ってくれません。これっておかしくないですか?

休憩は必要

労働基準法で、最低限の休憩について、このように定めがあります。

労働基準法34条1項
使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

6時間以内の労働時間であれば途中休憩がなくてもいいのですが、それを超えると、途中休憩が必要です。ずっと仕事をしているのは肉体的にも精神的にもつらいからです。
また、その休憩は労働者が自由に使える必要があります。

労働基準法34条3項
使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

すぐに業務に戻らなければいけない状態は、手待ち時間であって、労働時間です。

労働時間である以上、賃金支払いの請求を

このように、今の休憩時間とされている時間の実態は、労働時間です。
そのままにしておくと賃金も支払ってくれないでしょう。
休憩が取れるように改善することはもちろん、場合によっては今までの休憩時間については、賃金を支払うように請求しましょう。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

メールフォームからお問い合わせ

最新情報をチェックしよう!