夫がパワハラを受けているときどうしたら

以前に「夫がパワハラを受けているとき家族としてどうしたらいいか」という相談が寄せられていますが、似たようなご相談です。

働き始めてしばらくたった夫が家で愚痴をこぼします。「こんなこともできないのか」「頭がおかしいから病院に行け」などと上司に言われているようです。仕事を始めたばかりなら、わからないことがあっても当然だと思うのですが、そんな会社はおかしいと思います。ただ、家族の家計のこともあり、辞めるに辞められません。どうしたらいいのでしょうか。

パワハラはすべてを不幸にする

職場において、上司が部下をしかる場面は当然に起きうることです。
しかし、それは注意をして、次に同じ過ちを繰り返させないために行うことであって、人格攻撃などになれば、ただのいじめです。

パワハラを受けた労働者は、相談者の家族に対して愚痴を言うように、「失敗を繰り返さない」「次につなげる」という目的が達成されていないことがわかります。
周囲の労働者の様子はわかりかねますが、そんな状況を見ていて、気持ちのいいものではありません。また、上司と一緒になっていじめてくる輩がいたとしたら、それは単なるごますり、イエスマンなので、組織としてはマイナスです。
会社としたら、労働者のやる気を削いで「失敗を繰り返さない」「次につなげる」という目的を達成していないので、組織として損です。もちろん、パワーハラスメントで訴えられる危険性も含んでおり、ダメージを受けることもあります。

このように、パワーハラスメントで得をする人はいません。
その上司も、簡単に言えば、「指導力不足」。
人の上に立つべき人ではないというレッテルを貼られるだけです。

問題は家族の職場であるという点

このようなパワハラが自身の身に起きているのなら、職場の人間関係などがよくわかりたい処方もあるというものですが、今回はそうではありません。

つまり、ご本人自身が改善に立ち上がるよう促すことが目標です。
そのためには、次のようなことをしてください。
これが「魔法の4ステップ」です。

(1)自分の気持ちを伝える

家族として自分の気持ちを伝えてください。
夫の愚痴を聞いてどう思いますか。
何もできない自分についてどう思いますか。
ただただ、自分の素直な気持ちを述べます。

(2)夫の気持ちと自分の気持ちの共通する点を探し共感する

家計が心配で辞められない、辞めさせたくても辞めさせられない。
そんな気持ちもあるでしょう。
それに、お互いが何もできないで無力感にさいなまれているかもしれません。
次に、そうした共通点を見つけてください。

(3)共通点を解決したときにどうなるかを思い描く

先ほど見つけた共通した問題点を解決できたら、どんなふうな毎日を送ることができるでしょうか。
職場はどうでしょう。
家庭での時間はどう変わるでしょう。
思い描き、言葉にしてみてください。
それが家族共通の目標です。

(4)目標に向けて一歩を

目標は見つけましたが、では一歩はどう踏み出せばよいかです。
もう、ここまで来ればほぼ解決したようなものです。

パワハラであれば、近くのユニオン()に加入して解決するのが早道です。
にいがた青年ユニオンもそうしたユニオンの一つです。
「宇宙人、未来人、超能力者も入れる」とうたっているぐらい、誰でも加入できます。
ぜひご家族そろって加入してください。
団体交渉においても、家族そろって参加することが可能です。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

メールフォームからお問い合わせ

夫がパワハラを受けているときどうしたら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!