有給休暇のすり替え行われていませんか

働き方改革の一環で行われることになった有給休暇の取得義務化ですが、企業の中には、抜け道を通ろうとするところもあるようです。

働き方改革の一環で導入された企業に対する有給休暇の取得義務付けをめぐり、企業がもともと休日と決めていた日を勤務日に変え、その日に有休取得するよう促すケースが相次いでいることが明らかになった。社員の休みを増やすのが制度の本来の目的だが、この手法が横行すれば休みは増えない上、自由に取れる有休も減ってしまう。 

東京新聞<働き方改革の死角>休日なのに有休!? 企業、罰則回避ですり替え横行 2020年2月23日 

つまり、もともと休みだった日を短縮して、それを勤務日に変えて、そこに有給休暇を当てさせようとする方法です。

会社にとっては、労働者の有給休暇を取得させることができますが、労働者にとっては、有給休暇の日数が減るだけで、休みの日が増えたわけではありませんから、一方的に不利益を被ります。

もともと、有給休暇は労働者の権利ですが、取得率は50%程度と低い状態が続いていました。

仕事が多い、仕事が終わらないなど休みづらい雰囲気は、この際、業務内容を見直して解消すべきです。

それと同時に、労働組合をつくり労使のバランスのもとで、会社の無法をゆるさないたたかいも重要になってきます。

もし、就業規則の不利益変更で悩んでいたら、ユニオンに相談してください。ユニオンは、企業の枠を超えて地域で活動する労働組合です。にいがた青年ユニオンもそうした労働組合の一つです。

お問い合わせ

有給休暇のすり替え行われていませんか

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できる。

相談する
最新情報をチェックしよう!