給料を取りに行けないときはどうしたら

こんなご相談です。

健康を害して会社を辞めました。最後の給料は家族に取りに行ってもらったのですが、「本人でないと渡せない」と言われました。どうしたらいいでしょうか。

会社に行けないときは使者を出す

給料を振り込みにする会社が多いのですが、手渡しの場合は、こういうケースが十分想定されます。
このような場合は、家族を「使者」として出してください。

賃金は、本人に支払わなければならないものとされています。
家族でもダメです。
これは、子どもの稼ぎを親が管理して使っていた戦前の反省に立つものです。子どもは家族を人質に取られているようなものですから、劣悪な労働環境でも文句が言えなくなります。これはよくありませんね。

しかし、今回のように病気で外出がままならないのですから、それなりの理由があります。
まず、使者を出す理由、誰を使者として出すか、いつ会社に行かせるか、そのことについてはご自身で会社と連絡を取ってください。
そして、会社に連絡した日時に使者を出し、帰ってきた使者から賃金を受け取ってください。また、受け取ったことについては会社側に伝えると良いでしょう。

労働基準法で、賃金を本人以外に支払ってはならないと縛りをかけられているのは会社側です。手間はかかりますが、互いに間違いのないようにすすめてください。

なお、このような対応をしても支払おうとしないということになれば、賃金不払いで労働基準監督署に申告してください。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

メールフォームからお問い合わせ

最新情報をチェックしよう!