解雇を言い渡され退職届を出せと言われたら

解雇と退職届はセットではないんですが、こんなご相談です。

上司から突然解雇を言い渡されました。解雇予告もなく、その場で退職届を出せの一点張りです。生活もあるので働かせてほしいとお願いしても、とにかく退職届を出せとしか言いません。どうしたらいいでしょうか。

雇用契約とそれを終了するとき

まず、ある会社に採用され、働き始めます。これは、雇用契約が成立したためです。
会社は賃金を支払い、労働者は労働力を提供します。そういう「物々交換」を約束する契約です。
契約である以上、終わりにしたいということもあるでしょう。

労働者側からは、「辞めます」と一方的に言えば、ある程度の期間の後、雇用契約が終了します。なぜなら、労働者は「職業選択の自由」があるからです。会社に縛られる必要がありません。

しかし、会社側からは、「辞めろ」と一方的に言ったとき、その正当性が問われます。なぜなら、会社は解雇を脅しに使って、労働条件を引き下げにかかったら、あっという間に社会が壊れるためです。

そこで、会社側が一方的に「辞めろ」と言うこと、つまり解雇しようというときは、その理由を明らかにしてもらわなければなりません。

労働基準法22条
労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。)について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。
同条2項
労働者が、第二十条第一項の解雇の予告がされた日から退職の日までの間において、当該解雇の理由について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。ただし、解雇の予告がされた日以後に労働者が当該解雇以外の事由により退職した場合においては、使用者は、当該退職の日以後、これを交付することを要しない。

労働基準法では、解雇理由を文書にするように求めれば、使用者は文書にしなくてはなりません。まず、これを請求しましょう。

退職届は書かない

退職届は、労働者が「辞めます」という内容を会社側に伝えるときに書くものです。
今回は、上司が一方的に「辞めろ」と言ってきているので、退職届を書く必要はありません。
退職届を書いてしまうと、あとがやっかいです。
とにかく、拒否してください。

それと同時に、上司の言い分があまりにもひどいわけですが、そういうときにはスマホの録音機能などを利用して、身を守るために録音してください。そうすれば、退職強要されている様子がわかるはずです。

労働組合で交渉しよう

そもそも、そんなむちゃくちゃなやり方が行われるということは、普段からむちゃくちゃなことが行われているためではないでしょうか。
労働組合に加入して、退職強要を撤回させることはもとより、働きやすい職場にする方がよほど良いはずです。

転職しても、ブラック企業の可能性もあります。
ちょっと踏ん張ってみる経験は、人生にとってプラスになるでしょう。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

メールフォームからお問い合わせ

最新情報をチェックしよう!