辞めた会社が最後の給料を払ってくれないときはどうしたら

こんなご相談です。

パワハラがあって、ようやく辞めた会社です。最後の給料は直接会いたいと言って、なかなか払ってくれません。パワハラのため精神科の病院にも行って、うつ病だと言われていますから、社長とは会いたくないのですが、どうしたらいいでしょうか。

賃金を支払う義務は会社にある

以前から同じような相談は寄せられていました。

あまりにもセコすぎです。

さて、賃金の支払い期日については、労働基準法に定めがあります。

労働基準法24条2項
賃金は、毎月一回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない。ただし、臨時に支払われる賃金、賞与その他これに準ずるもので厚生労働省令で定める賃金(第八十九条において「臨時の賃金等」という。)については、この限りでない。

「労働者が受け取らなければならない」のではなく、「使用者が支払わなければならない」と書かれています。
きちんと期日までに支払っていないというのなら、罰せられるべきは社長です。

  • ゆにおんちゃん

    話がしたいだの、直接会いたいだの、わけがわからないわ。

とにかく、決められた期日までに支払うべきは、使用者なのです。

支払いの督促をしよう

訳のわからない社長をいつまでも相手にしていたくありません。さっさとケリをつけましょう。

まず、書面で通知しましょう。
手紙もあるし、葉書もあります。FAXでだってかまいません。方法は何でも結構です。

書くべき本文の内容は、こんなところでしょうか。

  • いついつまでに支払われるべき賃金がまだ支払われていません。
  • ついては、いついつまでに指定の口座に振り込むことにより、支払ってください。
  • 期限を過ぎても支払いがない場合は、法的手続きを執ります。
  • 指定口座 ほにゃほにゃ銀行 もにゃもにゃ支店 普通 番号XXXXXXX

それでも支払いのない場合は、この文面の控えと、指定口座の銀行通帳などを持って、お近くの労働基準監督署に指導してもらってください。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

メールフォームからお問い合わせ

最新情報をチェックしよう!