5年を前にクビ宣告!労働契約法改定でこれから増える非正規切り

このようなご相談です。

非正規労働者です。1年ずつ契約更新してきたのですが、今度5年を超えるからという理由で「雇えない」と言われました。どういうことでしょうか。納得いきません。

これは、今後まちがいなく増える内容です。

無期転換ルール

厚生労働省から、「労働契約法に基づく『無期転換ルール』への対応について」と題する報道発表がなされています。そこにこうあります。

労働契約法の改正により有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときに、労働者の申し込みによって企業などの使用者が無期労働契約に転換しなければならないルール(無期転換ルール)が導入されています。
「無期転換ルール」を定めた改正労働契約法が平成25年4月1日に施行され、平成30年4月には通算5年目を迎えます。

無期転換ルールは、18条に定められました。
労働条件のひとつに、「雇用期間」を定めることがあります。たとえば、スキー場の仕事だったら、冬シーズンだけというような定め方は誰でもが理解できるでしょう。しかし、そういう合理的な期間の定めではなくて、たとえば、1ヶ月だけと定め、それが終わると、また1ヶ月というふうに、無意味に短い期間を設定し、その契約を繰り返すケースがたくさんあります。この狙いは、解雇を契約終了とすり替えて、クビにしたいときに簡単にクビにしようという意図があります。
このような合理性のない有期雇用契約をより安定的な立場にするためにもうけられたのが、無期転換ルールです。
それは、2013年4月に施行されました。それ以前の契約についてはノーカウントなので、そこから数えて5年目となるのが2018年4月というわけです。

正直言って無期転換されてもあまり変わらない

そのような趣旨でもうけられた無期転換ルールですが、正直言って、無期転換が実際になされたとしても、それだけではあまり変わりません。なぜなら、期間の定めがなくなるだけで、その他の労働条件-たとえば賃金など-は変更する必要がなく、正社員である必要もないからです。
また、無期転換されたからクビになりにくいのかと言えば、実際そうではありません。私たちは無期雇用の人たちがたくさんクビになる場面を見てきました。
もしも、無意味な有期雇用契約をなくそうとするならば、期間の定めに合理性のある場合以外の労働契約はすべて無期雇用と見なすようにすべきです。つまり、いまの労働契約法はまだまだ不十分な内容です。

繰り返し上限が決められたり5年を前にクビにされたり

いま現実に起きていることは何でしょうか。
そんなことならと有期雇用契約を無期雇用契約に転換する会社もあります。どうせ労働条件はそれほど変わりませんし、クビにするしないも、それほど変わりません。
しかし、そういう使用者ばかりではありません。
最初から、5年を超えないように契約の繰り返しの回数の上限を定めて求人する会社が出てきています。いまのところ野放し状態です。
また、相談者の会社のように、現に雇用している労働者に対して、5年を過ぎる前にクビにする動きもあります。実例としては、カフェ・ベローチェの雇い止め裁判が記憶に新しいところかもしれません。

女性は2003年から勤務。一時離職した後、2008年7月からふたたび千葉店でアルバイトとして勤務していた。3ヶ月ごとの更新を繰り返していたところ、2012年3月、運営会社から突然、契約更新に上限を設けるという通達を受けた。女性は労働組合・首都圏青年ユニオンに加入し「働き続けたい」と主張を続けたが、連続勤務が4年11カ月となった2013年6月、雇い止めになった。
弁護士ドットコム「鮮度が落ちるから入れ替え」ベローチェ雇い止め訴訟が和解…元バイト女性に解決金 2016年2月16日

どう対処するか手探り状態

無期転換ルールを回避するために契約更新しないと言われたら、どうしたらよいのでしょうか。

まず、行政機関はあてにならないと思われます。今後、多数の相談が寄せられれば話は変わるかもしれませんが、現状では難しいでしょう。

裁判ですが、これも今後どう展開するかまだはっきりとは読めません。ベローチェ雇い止め訴訟は、東京高裁で和解したものの、一審の東京地裁では雇い止めが有効であると判断していました。

そうなると、労働組合に加入しての団体交渉です。しかし、これも結論が絶対にこうなるということは言えません。

この無期転換ルールについては、これからの話。つまり、労働者サイドと使用者サイドの争いの最先端で、争ってみてどうなるかという場面にあります。つまり、団体交渉にしろ裁判にしろ、できるだけたくさんの労働者が泣き寝入りせず、実際にたたかって、世論に訴え、権利を前進させなければいけないという局面なのです。

もちろん、全員が全員たたかう条件があるわけではないでしょう。たたかうエネルギーを使うなら転職した方がという方もいるでしょう。一人ひとりの条件が違うので、致し方ないとは思います。

しかし、みんながみんな泣き寝入りすると大変なことになります。契約の繰り返し回数に上限をつけることが、さも当たり前な世の中になります。少なくない労働者は、5年ごとに漂流しなければなりません。それは大変な事態をもたらします。

「無期転換ルールの回避」に対する対策は、まだまだ手探りな状態です。しかし、おかしなことをしているのは、間違いなく使用者サイドです。
にいがた青年ユニオンは、労働者の誇りを守る労働組合として、この問題にもとりくんでいます。ぜひご相談ください。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

メールフォームからお問い合わせ

最新情報をチェックしよう!