5年以上は更新しないと言われたけれど

こんなご相談です。

1年間の有期雇用契約で採用されています。近頃になって、「5年以上は更新しない」と言われました。採用時にそういうふうに説明していると言うのですが、覚えがありません。おかしいのではないでしょうか。

無期転換権の5年ルール

有期契約で働いている労働者のはずなのに、何度も繰り返し雇用することによって、安上がりに、いつでも使い捨てることのできる状態にしておくことが多々見られるので、「無期転換権」が新設されます。
労使の合意によって労働契約は成立しますが、労働者が無期転換権を行使すると、使用者の同意がなくても無期雇用になるという制度です。
無期転換権は、2018年4月から行使することができますが、行使する条件は、一般的な労働者の場合、雇い入れられてから5年を経過したときとなります。

無期転換権を嫌う会社も

有期契約だったものが無期契約になったところで、他の労働条件は変わりません。正社員になるわけではありません。
また、繰り返し更新してきた有期契約と無期契約では、個別に判断されるものの解雇の合理性はそれほど変わりません。
それにもかかわらず、無期転換権の行使を嫌う会社があるのです。
正直言って、意味不明です。

そうした会社は、

  • 5年未満で雇い止め
  • 有期契約の直雇用ではなく、派遣に切り替え

といったことを無意味な労力をかけてまでやってきます。
正直言って、意味不明です。

だいたい、5年という点に意味があるでしょうか。4年でもなく6年でもなく。
正直言って、意味不明です。

法の趣旨は雇用の安定なのに

もともと、無期転換権が新設された目的は、雇用の安定を図るためでした。
雇用が安定していないので、労働条件も引き上がらない、ワーキングプアが増えて、格差が埋まらないというわけです。
しかし、実際のところ、繰り返し更新してきた有期契約と無期契約では、安定度はそれほど変わりません。
しかも、無期転換権の新設によって、繰り返し更新に上限をつけてくるなどということでは、雇用の不安定そのものです。

解雇規制を労働者の力で

現実の解雇規制については、法律でどうこうなるものではありません。個別の事情によって、最終的に判断されるためです。逆に言えば、そうした争いが積み重なって、現在の解雇規制を生み出してきました。
使用者が、気楽に解雇できないようにするには、解雇の金銭解決制度などというおかしな制度を作らせないことはもちろんですが、労働者みんなで解雇させない予防線を張ることが最善策です。

「労働は特別の商品である」と言われます。

私たち労働者は、自らの労働力を売る商売人です。普通の商取引なら、買い手である会社にも自由があるでしょう。しかし、それをやってしまうと、労働力を売っているはずの労働者は、人格まで買いたたかれるようになり、生活が破綻します。そうして、社会は荒廃し、物が売れなくなり、排外的なナショナリズムが横行し、戦争へと突き進み、すべてが壊れます。もう、人類はその歴史を経験したところです。

だから「特別」なのです。
解雇を規制することは、人類を破滅から救うことにつながっています。
どんなことでもあきらめず、にいがた青年ユニオンまでご相談ください。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

メールフォームからお問い合わせ

最新情報をチェックしよう!