トピック アーカイブ

社会での出来事に関する記事です。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉地方最低賃金審議会でにいがた青年ユニオンのことが話題になったらしい

2017年度の地域別最低賃金を決定した最低賃金審議会の全国議事録調査は、大きな反響がありました。 先日は、院内集会も開きました。 今日は、その後のお話です。

家族がパワハラを受けているときを扱った記事が注目中

今回は、春にかけて注目中の記事を取り上げます。 ハラスメント防止法が作られて注目中の「パワーハラスメント」。 自分が受けるのもつらいところですが、家計を支えてくれている家族が職場でパワハラを受けているときには、どう支えるべきかわからず、とても苦しいものがあります。 「夫がパワハラの被害に!妻としてど… 続きを読む

全力疾走をやめればいい

今、大人の発達障害が問題となっていて、下のリンク先にあるような記事も多くの方たちに読まれています。 「大人の自閉症」3つの特徴、冗談が通じない・同時進行が苦手… – 週刊ダイヤモンド 発達障害とは何か、またどういうことなのかは、医師などの専門家にお任せいたします。 発達障害は基本的に自分… 続きを読む

感情表現という労働

介護の仕事は感情労働とも言われています。 人間にはたくさんの感情があります。その中には、ふさわしい感情とふさわしくない感情とがあり、当然、介護の仕事にもふさわしい感情とふさわしくない感情があります。 その仕事をするのだから、それはふさわしくするのが「当たり前」とおっしゃる方もいるでしょう。しかし、私… 続きを読む

青森県最低賃金専門部会の議事録が1年以上かかって入手できた話

2017年度地域別最低賃金を決めた地方最低賃金審議会の議事録を集める調査は、2019年6月でようやくそろうことになりました。 それも、青森労働局が、会議を非公開としている専門部会の議事録を、丸ごと不開示にしたためです。 どうも、担当者は、情報公開法を知らないようです。

介護職員の不足と労働強化

今、介護職員は不足していて非常に深刻な状況です。少しですが、そのことについてです。   労働強化   労働強化は一言で言うと、無駄な時間を無くすこと、そして無駄な時間を無くして生産性を上げる、仕事の付加価値を高めるということです。 理屈で言うと、無駄な時間を無くすとそこは仕事で埋… 続きを読む

ようやく青森地方最低賃金審議会の専門部会議事録が手に入りそう

2017年度地方最低賃金審議会の議事録全国調査も、もうすぐ終わりが見えます。 ラストの青森が、厚生労働省から青森労働局へ裁決が出ました。

新年度が間近!いろいろ心配なことがある

もうすぐ新年度です。 大学や高校では、卒業式が行われている時期です。 新たな環境、新たな人間関係。 そんな時期です。 当然、心配なこともあるでしょう。

有給休暇に対する時季変更はそうそう簡単には認められない

年次有給休暇の取得率があまりにも低い日本というわけで、年10日の有給休暇を発生させる労働者に対しては、その年度の間に5日以上取得させなくてはいけないということになります。2019年4月から開始ですから、もうすぐです。

議事録公開で最北の北海道と最南の沖縄は同じ事考えるらしい

2017年度地方最低賃金審議会で公労使委員が何をしたか、また、事務局が何をしたか探る調査を実施したところです。 なぜか、北海道と沖縄が、ほぼ同じような墨塗方式を取ってきたのです。 まるで、蝸牛考。

平成が終わるというのにやっと熊本の黒塗り書類が公開された話

2019年になり、まもなく平成も終わりますね。 そんなときになんなんですが、2017年度の熊本県最低賃金審議会の議事録がようやく内容が公開されました。

問題解決はあなたが主人公です

いろいろな労働相談が舞い込みます。 ただ、その解決方法をいくつか示すと、諦めてしまう方もいます。

あなたの月給は最低賃金を下回ってないですか?

新潟県の最低賃金は、こんな感じ。 新潟県2018年度最低賃金(新潟労働局作成) 時給で働いている人は、これでわかるけど、月給制の人は? 時給から月給に直すには、何時間働いたかをかけ算して計算するしかないのだけれど、何時間なのかが問題になります。 日本の労働者の平均労働時間日本のフルタイム労働者の平均… 続きを読む

高度プロフェッショナル制度に関するパブコメがひっそり出てたけど何か欠けてる

パブコメというのがあります。 政府があれこれ決める前に、国民から広く意見を募る方法です。 ですが、すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーくひっそりと、すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーくわかりにくく募ります。 … 続きを読む

地方で働く場は?地域経済は?2030年問題を解決しよう

今から約10年後。 あなたはどうなっていますか。 あなたの家族はどうなっていますか。 そして、あなたの住む地域はどうなっていますか。 「2030年問題」と呼ばれていますが、地方では、確実にいまも高齢化と労働力不足が進んでいます。 働く場所はあるのか。 この場所で、住み続けられるのか。 そんなことを考… 続きを読む

最新情報をチェックしよう!