人間関係で疲れて死にたくなったときに考えること

今日はこんなご相談です。

あまりよくない家庭環境で育ち、結婚もしましたが、パートナーにも裏切られ、人生に疲れて死にたくなります。

大切なのはあなた自身

結論からいうと、他人に振り回されています。
そういう場合、忘れがちなのは、「自分自身」です。
自分は、地球の引力に引っ張り回される月なのか、それとも太陽のようにドンと構えているのか。

おそらく今は、月のような存在です。
自分って、どんな人間だよなというところから考えをスタートしてみましょう。

自分と他人はミラーな関係

そうはいっても、人間社会においては、他人も大切です。

こう考えてみてください。
目の前に、いかにも暗い人がいます。
積極的に関わりたいでしょうか。

答えはノーです。
自分がされて嫌なことは、他人もされて嫌なもの。

気分が乗らないかもしれませんが、ちょっと気分を130%くらいに上乗せして、ぱーっとやってみてください。
生活を崩してしまうような無茶はやってはいけませんが、少し楽しんでみれば、周りも自然と近寄ってくるでしょう。

まさに、自分と他人はミラーな関係です。
他人は自分をそのまま映しているのです。

変な人も世の中にはいると割り切る

変人と評された政治家がいましたが、変な人はたくさんいます。
しょうがないんです。
そういう人も人間社会の発展には必要です。

でも、迷惑をかけられるのは嫌ですよね。
そういう人に対して関わり続けるのは大変です。

すっぱり切り捨てていいんです。

仕事、家庭生活、自由時間、睡眠をバランスよく

人間関係で悩みます。
というか、私たちが悩む問題の多くは、ほぼその問題です。

仕事、家庭生活、自由時間、睡眠、こうした時間をバランスよく取ることで、自分の調子がよくなると、周りからの接し方も改善して、そうなると周りへの接し方も改善できて、相乗効果でドンドンよくなります。

もちろん、ブラック企業は、あえて搾取しようとするので、にいがた青年ユニオンといっしょにたたかう必要があります。
そういうわざと自分だけ得しようという相手でなければ、自分の考え方を変えてみるだけで、改善する場合があります。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 人間関係で疲れて死にたくなったときに考えること

人間関係で疲れて死にたくなったときに考えること

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!