保育園が足りない!保育園を増やすための基礎知識と方法

今年、出産した方のこんなお悩みです。

春に出産しました。育児休暇を取りましたが、勤め先が小さな会社ということもあり、夏から週2日だけのパートとして出ています。それにしても大変なのが、保育園が見つからないことです。

育児休暇で安心して子育てを

この方は正社員ですので、もちろん育児休暇が取得できました。ただ、小さな会社で、人手不足だという内情を抱えているので、会社と話し合って、パートタイマーとしていまは働いているそうです。

育児休暇制度は、法律で定められています。最低限の基準は、おおまかに次のとおりです。

  • 対象者は、1歳に満たない子どもを養育する男女労働者です。
  • 正社員でなくても、同一事業主に実質的に継続して1年間以上雇われていて、子どもが1歳6ヶ月になる日の前日までに労働契約の期間が満了することが明らかでない場合は、育児休暇を取得できます。
  • 育児休業を取得したい対象労働者は、一定期間の間に、事業主に申し出が必要です。
  • 事業主は、要件を満たした労働者の育児休業の申し出を拒むことはできません。

育児休暇制度に関わるルールは、時折変更されます。最新情報や詳細は、お近くの労働局や労働基準監督署にお問い合わせください。

職場復帰については、いろいろな事情が絡み、丁寧な対応が必要です。
たとえば、正規労働者が育児休暇から復帰する際、「子どもが落ち着くまでは、パートにしてもらいたい(落ち着いたら、正社員にしてもらいたい)」という希望が出されることがあります。
会社としては、こうした人材が出産を機に辞めてしまうことはマイナスですから、できれば復帰してほしいと考えるものでしょうが、子どもが落ち着くまでの間、新しいパートを雇うといったことが必要になるかもしれませんし、正社員に戻った際には、そのパートをクビにしなければならないといったことまで起きてくる可能性があります。
このように、双方の事情と思惑がからみます。育児休暇からの復帰は、原則を現職復帰としつつ、よく話し合うことが無用な労使紛争を招くことになるでしょう。

ちなみに、「小さな子どもがいると、急に休みたいと言って迷惑だから辞めさせたい」と考えるような社長や上司だったら、それとは断固たたかいましょう。その上司だって、小さいときがあって、熱を出したときもあって、大人に看病してもらったことだってあるはずです。それなのに、一人で勝手に大きくなったみたいな顔をさせるわけにはいきません。

保育園がない!

さて、問題は、パートとして働きに出かけている間の子どもの預け先です。近くに親や親戚がいつもいるというわけではありません。通常は、保育園を探すことになるでしょう。

「保育園落ちた日本死ね!!!」の匿名記事から保育園不足が大きな問題として注目されました。特に、都会では増え続ける人口に対して、保育園が不足。保育士の労働条件が劣悪であることから、人手不足に陥っていることが明らかになってきました。地方でも、「隠れ待機児童」と言われ、数字にならないだけで、問題がないわけではありません。

新潟でも、保育士の労働条件は劣悪です。新潟市の公立保育園では、保育士の大半を臨時保育士が占めています。「時給940円って安すぎ!新潟市臨時保育士の待遇が悪い」でも書いたとおり、一人暮らしできる賃金ではありません。1年更新が建前ですから、前年の経験を加算しないので、何十年働いても、ついさっき雇われた保育士と同じ金額です。

保育園を増やし、かつ、そこで働く保育士を集めることが、今回のお悩みの根本的解決につながります。

保育園と保育士を増やすための基礎知識

まず、保育園は、児童福祉法で定められた施設です。

児童福祉法39条
保育所は、保育を必要とする乳児・幼児を日々保護者の下から通わせて保育を行うことを目的とする施設(利用定員が二十人以上であるものに限り、幼保連携型認定こども園を除く。)とする。

そして、保育園を設置するのは、地方公共団体や社会福祉法人などです。

保育士の賃金は、保育園全体の財源の中から支出されていますが、保育園の財源は、大きく分けて2つあり、公的な補助金と保護者からの保育料です。つまり、国や都道府県が分担する補助金と保護者からの保育料を市町村が受け取り、それらを受け取った市町村が保育園に渡します。

保育園不足解消は市町村への働きかけが必要

これが理解できれば、どうしたら保育園不足が解消するか、解決への道筋が見えてきます。
おすまいの市町村に、「保育園を増やし、保育士の労働条件を上げて保育士集めをしてください」とお願いし、それを実行してもらえばいいということになります。

壁は2つあります。

そうした運動を行うためにはどうしたらいいかという点です。これは、そうした不満を持っている人を集めて、組織だって行動する以外にありません。待機児童問題が大きく広がった第一歩は、SNSの活用だったわけですが、必ずあなたと同じ不満を持っている人はいるはずです。まずはそうした人を探す方法を考えましょう。また、世代を超えた取り組みにするためにどうしたらいいかも考えなくてはなりません。子どもを保育園に預けなくても仕事のできる人、子どものいない人、子育ての終わった人などに理解してもらうためにはどうしたらいいかという点です。

抵抗勢力とのたたかわなくてはいけないという点です。保育園にお金を使いたくない勢力がいます。つまり、そのお金を自分の利益のために使いたいと思っている人たちが地方議会にいるのです。たいがい、そうした人たちは、「公務員の給料が高すぎる」「自治体は自ら身を切れ」「産業育成のために大型公共事業を」「できることは民間へ」「サービスの受益者がサービス料を負担すべき」などのかけ声をかけてきます。一見、悪くなさそうですが、現実にやっていることまでチェックすると、悪すぎです。そうした抵抗勢力をどうするか、その点を考えなくてはなりません。なにせ、彼らはカネだけは持っています。

一人で悩まずご相談を

にいがた青年ユニオンは、労働組合です。社内組合ではありませんから、あなたも入れます。そして、働く人の労働条件向上のために活動していますが、根本的には、みんなが安心して暮らせる新潟県づくりを目指しています。その点では、あなたと願いは共通です。
私たちにはまだ力不足で、できないこともたくさんあります。ですが、あなたが入ってくれたら、できるようになるかもしれません。それに、一人で悩んでいるより、みんなで知恵を絞った方が楽しそうだと思いませんか。
ぜひ下のメールフォーム入り口のボタンを押して、お問い合わせください。

mailform 保育園が足りない!保育園を増やすための基礎知識と方法

保育園が足りない!保育園を増やすための基礎知識と方法

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!