国民健康保険料が高すぎ

今年度から国民健康保険(国保)の運営主体は、市区町村から都道府県へ移管されました。
「スケールメリットを生かす」という理由ですが、もともと国保加入者は所得が低いため、国保運営は国が資金投入しないと苦しくなることは当然です。これまでは、市区町村が一般会計から資金繰り入れをしていましたが、都道府県移管に伴い、保険料が大幅上昇するケースもあります。

保険料が高すぎる

サラリーマンで社会保険に加入していると、国保料がどれぐらいなのかわからないと思うので、実例を見てみましょう。

186945699d5c851c7f2a3c97deb2f358 国民健康保険料が高すぎ

63歳の世帯主で、前年所得が100万円。
61歳の配偶者で、前年所得なし。
35歳の子で、前年所得が130万円。
つまり、世帯収入は230万円です。

完全にワーキングプア世帯です。
この場合、国保料は年31万4千円だというのです。

ところで、この状態で国保に加入しているということは、国民年金にも加入しているということ。
日本年金機構のホームページには、こうあります。
1550e235b903c0a56141ec02ab2a218a 国民健康保険料が高すぎ
一人あたり、月16340円ですから、年間19万6080円です。
世帯主と配偶者は60歳を過ぎていますので、ともかくとして、35歳の子は加入しなければなりません。

この状態で、いったいどうやって生活すればいいのでしょうか。
仮に、病院へ行かなくてはならない状態になったとしても、3割の窓口負担に耐えられないのではないでしょうか。

なお、納められないから、請求を無視して未納にするのではなく、減免のできるケースもありますので、必ず手続きしましょう。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 国民健康保険料が高すぎ

国民健康保険料が高すぎ

保険税を払ったら病院に行けない!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!