失業するので焦っている!どうしたらいい?

このようなご相談です。

今月で失業するのですが、体調が悪くすぐには働けません。
でも子どもを養わなければなりません。どうしたらいいでしょうか。

生活が苦しいという相談は、なかなかしにくいものではないでしょうか。

生活保護があるから自暴自棄にはならないで

まず、第一に申し上げたいのは、「お金のことならなんとかなる」ということです。
生活費がなくなって、どうにもならなくなったら、生活保護制度があります。
失業することはだれにでも起きうることです。
体調が悪くなることもだれにでも起きうることです。
それが重なってしまうことも起きうることです。
人生、いろいろなことが起きうるからこそ、生活保護制度があります。

生活保護を受けるなんてという考えの方もまだまだ多いかもしれません。
ですがこう考えてください。
これは、立ち直る一歩です。
どん底に落ちて、どうにもならなくなる寸前で何とかして、次に繋げる制度です。
ぜひ生活保護制度を活用してください。

生活保護制度を利用するには、お近くの役場へ行きましょう。
もしかしたら、現時点では現金や預貯金があるからという理由で、生活保護を受けることができないかもしれませんが、その場合は、そのお金を使ってしばらく生活し、お金が無くなるちょっと前にもう一度役場へ行ってください。

生活保護制度に関する詳細は、こちらのページです。

いろいろな制度もある

いきなり生活保護制度について述べましたが、それ以外にも生活を支えるいろいろな制度があります。傷病手当金を受給することができるかもしれませんし、子どもさんは就学援助を利用できるかもしれません。
しかし、いろいろな制度がありすぎて、正直言って、体調の悪い人にとってはそういう制度を調べて手続きするだけでも大変です。そのような理由で、まず生活保護制度をご紹介しました。
生活保護制度は「最後のセーフティーネット」と言われますが、他の制度を利用できるならそちらを優先するという原則がありますので、役所の担当者がそういう制度を教えてくれるでしょう。

水際作戦は許さない

泥棒見たら110番。けが人いたら119番。
それはよく知られているのに、生活が苦しくなったらどうしたらいいかということはあまり知られていません。そういうときは、まず役場に相談してみてください。
役所というものは、そういう時のためにあるのです。

しかし、中にはひどい担当者もいます。
生活保護を受けたいと言っているのに、正当な理由もなく断る「水際作戦」を行うケースです。
公務員攻撃が行われ、人手が不足し、役所の業務が大変なのは理解しますが、だからといって水際作戦を容認するわけにはいきません。

また、自民党による生活保護バッシングもひどいものです。正当な理由もなく、生活保護費を削減しました。とても「健康で文化的な最低限度の生活」などといえるものでなく、それ以下のひどい生活を強いられています。

にいがた青年ユニオンは、水際作戦や生活保護バッシングを許しません。
もしそのような体験をされたら、ぜひご相談ください。
私たちは、そういうひどい状況を我慢するのではなく、変えていくために努力したいと思います。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 失業するので焦っている!どうしたらいい?

失業するので焦っている!どうしたらいい?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!