誰にも相談できなくて孤独になると生きる意味を感じなくなるかもしれませんね

こんなご相談です。

生きる意味を感じません。生きるのに疲れます。
誰にも相談できなくて困っています。
どうしたらいいでしょうか。

人生において、、パワハラなど職場に関する問題や、家庭の問題、健康上の問題などいろいろなトラブルに巻き込まれ、どうして良いかわからなくなるときがあります。

特に、金銭に余裕のない低処遇労働者の場合、そのようなトラブルに巻き込まれやすくなります。

ちょっと話は変わりますが、ホームレスになってしまいそう、あるいはなってしまった人から状況を聞くと、たいがい当てはまる法則がありました。

  1. 貯金がなくなっていた。
  2. 金銭的に頼れる身内がいなかった。
  3. それ以外の何らかのトラブルが発生した。

お金と人のつながりがなく、その上、何かトラブルがあると、ホームレスになってしまう現実がありました。
私たちは、おそらく考えないようにしているだけで、実際は知っているはずです。
だから、人生におけるトラブルに対して、必要以上に恐怖を感じるときがあるのではないかなと思います。

話が少しそれましたが、ですが、どうでしょう。
この相談者の方の場合、そのことを相談することができました。
自分の考え、悩みをまとめて、他人に話すことができたのです。
これで、人のつながりをつくることができました。
きっと、何とかなります。

この「自分の気持ちを話す」。このことが第一歩となります。
もし、誰にも話ができない、聞いてくれる相手がいないというときは、まず紙に書いてみましょう。そして、次にいのちの電話などに電話してみてはいかがでしょうか。

もちろん、それだけでなく、精神科などの病院へ行き、適切な処方をしてもらうことも大切です。予約制の病院も多いので、電話をして、しばらく待たなければならないかも知れませんが、あきらめないでください。

人のつながりさえできれば、必ず何とかなります。
そのための制度もあります。

あきらめない。

いろいろなところで合言葉になりますが、あきらめなければ、必ず道は開けます。

誰にも相談できなくて孤独になると生きる意味を感じなくなるかもしれませんね

自分の考えを文章にしてまとめてみるのはいかがでしょうか

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!