労働組合 アーカイブ

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

労働組合の闇って何

特にYouTubeですが、「労働組合」と検索すると、ネガキャン的な「労働組合の闇」っぽいものが出てきます。 ただ、解説しているのは、元体験者とか、たいがい外の人なんですよね。 それって、その労働組合しかわかってないケースがあります。 そんなわけで、今回は、労働組合の中の人が、いろんな労働組合と付き合… 続きを読む

家族がパワハラを受けているときを扱った記事が注目中

今回は、春にかけて注目中の記事を取り上げます。 ハラスメント防止法が作られて注目中の「パワーハラスメント」。 自分が受けるのもつらいところですが、家計を支えてくれている家族が職場でパワハラを受けているときには、どう支えるべきかわからず、とても苦しいものがあります。 「夫がパワハラの被害に!妻としてど… 続きを読む

相手に何かさせたいときは選択肢を作ればいい

いろいろなご相談があります。 法律上のことではないことも、もちろんあります。 労基法のような強行法規でないと、労働基準監督署は監督してくれません。 しかし、一方で労働組合で解決したいという考えのない方もいます。 そういう場合は、個人で会社と交渉することになるのですが、一般的に、相手に何かさせたいとき… 続きを読む

そもそも就業規則とは

相談者の中には「就業規則って何ですか」「就業規則とか見たことないです」という方がいます。 このような場合、労働条件明示書や契約書すらない場合もあるのですが、これは労使双方にとって危険な状況と言えます。

友人が酷い働かせ方をさせられているときどうしたら

こういうことがあるのではないでしょうか。 友人が、酷い働かせ方をさせられています。深夜まで働かされるわ、休日までサービス出勤させられています。それでも本人は我慢しています。こういうとき、わたしはどうしたらいいでしょうか。

職場の問題は法令だけで解決するものではない

いろいろな労働相談が寄せられます。 残念ですが、簡単には解決できません。 なぜなら、法律が勝手に解決してくれることはあまりないからです。

個人ではなく集団の力で解決する発想を持とう

大型連休のまっただ中ですが、まもなくメーデーです。 1日8時間労働を求めて、1886年にアメリカ・シカゴを中心にみんなでストライキをして訴えたことが起源です。 いつの時代も、英雄と呼ばれる人はいますが、時代を動かす本当の力は、みんなの力です。

退職後に賃金も書類も来ないどうしたら

こんなご相談です。 会社を辞めるにあたり、「最後の給料は後で払う。退職後の書類も後で送るから」と言われました。しかし、1ヶ月たっても音沙汰ありません。どうしたらいいでしょうか。 最後の賃金といえども、ちゃんと払ってもらう必要がある 退職したからといって、働いた分の賃金は当然支払ってもらう必要がありま… 続きを読む

定時に帰れず休憩がない

冬期間、道路を走るときは気をつけなければなりません。 ちなみに、通勤途上での事故は、労災になります。 さて、こんなご相談です。 社用車で定時に外回りする仕事です。ですが、業務量は毎日変わりますし、道の混み方も異なります。そうすると予定時刻に帰ることができず、休憩を取れないときがあります。他にも、いろ… 続きを読む

労働相談と法律と私

仕事上の相談事がある方は多いでしょう。 大概の人は、愚痴で終わらせてしまうこともあるのですが、本当にそれでいいのでしょうか。 仕事は、生きるための糧をえるためであり、かつ、自分の人生を豊かにするためのものです。 愚痴ってばかりの仕事で、人生が豊かになるでしょうか。 それに、会社としても生産性が上がら… 続きを読む

問題解決はあなたが主人公です

いろいろな労働相談が舞い込みます。 ただ、その解決方法をいくつか示すと、諦めてしまう方もいます。

契約社員だからといって仕事が変わらないのに賃金が違うのはなぜ

正社員に準社員、契約社員、パート、アルバイト、嘱託職員などなど。 とにかく、いろいろな呼ばれ方をしているのですが、実は全部、法律上は「労働者」でしかありません。 それなのに、なぜ待遇に差があるのでしょうか。

多くの学卒者が辞める状況は変わらないならどうしよう

新潟労働局は11月22日、「新規学卒就職者の離職状況(平成27年3月卒業者の状況)」を公表しました。

バイトをバックレたらどうなりますか

酷い働かせ方をする、辞めさせないといったブラックバイトもあるのですが、まずこんな質問です。 いまのバイト、バックレたらどうなりますか?

労働のトラブルを解決したいときに仲間にどう働きかけるか

労働トラブルに巻き込まれたくないものですが、実は現に巻き込まれてしまっているはずです。 世の中すべてが、そういう方向へ行っているのですから。 その中でも、酷いのはブラック企業と呼ばれます。

最新情報をチェックしよう!