あなたの時給、計算してみよう

あなたの時給、知っていますか?
時給制や日給制で働いていたり、そもそも求人時にそう書かれていた人は、知っているはずです。
でも、月給でもらっている人は、あまりわからないでしょう。
細かくは計算できませんが、ざっくりと計算してみましょう。
あなた、もしかしたら、パートタイマーより安いかもしれませんよ。

計算の流れはこんな感じ

月の収入のうち、基本的な手当に含まない金額を引いて、1ヶ月の平均労働時間で割り算します。

「基本給」に含めるものはいくら?

まず給料明細を用意してください。
毎月分を捨てている人は、要注意です。
何かの時に困ります。捨てないでください。

収入の欄のうち、通勤手当、住宅手当、家族手当、別居手当、子女教育手当、臨時的に支払われた手当を除き、すべて足してください。

休日数から労働時間を計算する

年間休日数が決まっているはずですので、そこから、自分がこの1年間で働かなければならない時間数が決まります。12で割れば、1ヶ月平均の労働時間が計算できます。

どうですか?

あなたの時給をざっくりとですが計算してみました。
高い?
低い?
いまのまま、10年後のライフスタイルになったらどう?
いろいろ想像できますね。

お隣の長野県ですが、こんなニュースが流れていました。

帝国データバンクの長野県内3支店は14日、最低賃金の引き上げに伴う県内企業への影響に関する調査結果を発表した。自社の給与体系を見直したという県内企業は検討中も含め51.9%。2016年9月の調査から19.4ポイント増えており、最低賃金の引き上げをきっかけに県内でも賃金改定の動きが広がっている。

10月に全国で最低賃金が改定され、長野県の最低時給は26円上がり821円になった。賃金を見直す理由として、人材の確保と定着を挙げる企業が多かった。

給与体系を見直した企業を規模別でみると、大企業が39.4%、中小企業が54%で規模が小さいほど割合が高かった。業界別では「運輸・倉庫」が70%、「サービス」が68.2%、「小売り」が60%だった。

引き上げ額の妥当性について聞いたところ、「妥当」という回答は50.6%で、「高い」とした14.6%を上回った。従業員を採用するときの最も低い時給は平均923円で最低時給を102円上回った。

調査は9月13~30日に県内523社を対象に実施し、有効回答は233社だった。

日本経済新聞 長野企業、給与体系見直し51% 最低賃金引き上げ受け 2018年11月14日

最低賃金が引き上がると同時に、人手不足感が広がっていて、賃金の改定が行われています。ただし、ニュースには流れていませんが、労働者全体の賃金が上がるのではなく、低い人だけ上がり、高い人はほとんど上がらないと考えていいでしょう。
つまり、賃金カーブがフラット化するわけです。
その一方で、社会保険料が値上げされたり、消費税増税が予定されているのですから、たまったものではありません。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform あなたの時給、計算してみよう

あなたの時給、計算してみよう

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!