厚労省と文科省が高校生等のアルバイトの労働条件の確保を要請

厚生労働省と文部科学省が7月20日、高校生アルバイトの多い業界団体に対して、高校生及び高等専修学校生のアルバイトに関し、労働基準関係法令遵守のほか、シフト設定などの課題解決に向けた自主的な点検の実施を要請しています。

具体的な内容は、賃金の適正な支払いや休憩時間の付与、また、高校生等の本文である学業とアルバイトの適切な両立のため、シフト設定などの課題への配慮を挙げています。

詳細:厚生労働省「高校生等のアルバイトの労働条件の確保について要請しました


にいがた青年ユニオンには、夏期休暇を前に、高校生や大学生などからのアルバイトに関する相談が増えています。一人で抱え込まず、ぜひすぐに相談してください。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 厚労省と文科省が高校生等のアルバイトの労働条件の確保を要請

厚労省と文科省が高校生等のアルバイトの労働条件の確保を要請

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!

コメント

  1. バイトを辞めると言ったら損害賠償請求されそう!どうしたらいい? - ゆにぶろ より:

    […] ブラックバイトは社会問題になっています。政府も対策に重い腰を上げています。ブラックバイトに泣き寝入りせず、ぜひご相談ください。 […]