子どもの貧困率16・3% 過去最悪を更新 安定な働き方を増やせ

厚生労働省が7月15日に発表した「国民生活基礎調査」によれば、17歳以下の子どもの貧困率は16.3%に達しており、過去最悪です。

同省は、「非正規雇用の増加による所得の減少などが原因」と分析していますが、今の政府が進めようとしていることは、雇用の流動化。これでは貧困を増幅させるだけです。この過去最悪の数字をみてもまだ、大企業優先の政治を続けるのでしょうか。

私たちは、最低賃金の抜本的底上げ、安定した働き方を増やす政策を求めます。

 

子どもの貧困率16・3% 過去最悪を更新 安定な働き方を増やせ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!