最賃議事録全国調査(19)

まず、厚生労働省がまとめた「平成29年度地域別最低賃金の審議・決定状況等」を見てみたときに、専門部会の結審状況で全国で一番早く結審したのは、富山と島根の8月1日となっています。

0236111236471d444e530e9f6dc19e83 最賃議事録全国調査(19)

では、富山地方最低賃金審議会は、どのように審議したのか見ていくことにしたいと思います。

日程について

富山の審議会の本審と専門部会の日程をまず押さえておきましょう。

  1. 第1回本審 5月25日(木)15:15から15:55
  2. 第2回本審 7月13日(木)9:03から9:40
  3. 第3回本審 7月28日(金)13:35から14:05
  4. 第1回専門部会 7月28日(金)14:25から15:30
  5. 第2回専門部会 7月31日(月)13:35から16:00
  6. 第3回専門部会 8月1日(火)13:30から15:10
  7. 第4回本審 8月3日(金)10:30から11:00
  8. 第5回本審 8月23日(木)9:00から9:50

中央目安答申を受けた第3回本審

第3回本審で中央目安額が示されたことがわかります。

2febe0f8dc39c57cfb920575f6d0280e 最賃議事録全国調査(19)

関係労使からの意見聴取の公募は7月13日の第2回本審で出したわけですが、応募はありませんでした。
当然、意見聴取は実施していません。

fac704250e9ba58b425985ba41ab810a 最賃議事録全国調査(19)

ただし、富山県労連から署名が提出されています。
9383e601c4eb9523c5bc56d2469ff377 最賃議事録全国調査(19)

第1回専門部会で示された労使の基本姿勢

第1回目の専門部会は、第3回本審の直後に開かれてます。
f0df8ed75b047017f8fbaccbe44dfeec 最賃議事録全国調査(19)

まず、労働委員の沢井さんから基本姿勢が示されます。
acce0cfc4684d7c338e18490b6e250b1 最賃議事録全国調査(19)

雇用戦略対話の水準からすれば40円前後アップとしつつ、最後の方ではBランクにふさわしい水準への改正を求めるとトーンダウンしています。

次に使用者委員の宮崎さんです。
1da460f0835f24a3dab0ad3d0ff0e802 最賃議事録全国調査(19)

中央目安の3%アップは承服できないので、賃金改定状況の1.4%や、大手が多いけれども経営者協会の1.6%がベースでいいのではないかとしています。
こちらは、全国の経営者並みのスタートラインの主張です。

第3回専門部会で結論が出る

第1回専門部会で労使の基本的な考え方が示された後、折衝になるわけですが、第2回は溝が埋まらず、第3回専門部会に移ります。

3ba377b63bac5552082cec79188e0917 最賃議事録全国調査(19)

基本的に三者会議を行って、その後個別折衝にうつるスタイルですので、議事録を確認すると、おおよそのことがわかるようになっています。

労働委員は、ここまで詰めてきました。
5a9ec80c31ef20ee0e71d296abb0c217 最賃議事録全国調査(19)
目安にプラスをしてほしいという雰囲気です。

使用者委員は、やはり中央目安額に承服しかねるようです。
9fc9bb95ec5aa00e8c198e785732029e 最賃議事録全国調査(19)

個別折衝後、再び三者会議が再開します。

1f636a50af5a95043935f5780024db48 最賃議事録全国調査(19)

どうやら「金額としてはおおむね一致をみている」ようです。
公益委員案が提示されて採決に入ります。

49d77644863acf3d7cc37968881fb771 最賃議事録全国調査(19)

公益委員が示した案は、中央目安額ちょうどの25円アップです。
採決をしますが、全会一致となりました。「金額としてはおおむね一致をみている」のは間違いありませんでした。
専門部会で全会一致の際は、本審採決を省略することに決定していましたので、富山は全国で一番早い8月1日に時給795円で答申することになりました。

異議審はすぐに終わる

答申後、異議申立の受付期間があります。
その審議は8月23日の第5回本審です。

議事録は省略したいと思いますが、提出した団体は、すべて労働側で、富山県労働組合総連合、全日本建設交運一般労働組合富山県本部、富山県医療労働組合連合会の3つです。すべて全労連系の労働組合です。
事務局が申出文を全文読み上げした後、司会役の会長から、労働委員と使用者委員にコメントを求められますが、コメントは文字にして3~4行でしかありません。

専門部会の中で議論して、8月1日全会一致で結審したということになっております。したがいまして、全会一致を重く受け止めて、今年の審議については再審議の必要がないと思っております。以上です。

沢井委員(労働委員)

今年度も昨年度同様、目安につきましては実態を把握していないのではないかというのが、使用者側の見解でございましたけれども、ただ改正に際しましては沢井委員がおっしゃったとおり、専門部会で十分審議されて、なおかつ全会一致で決定しておりますので、決定額での発効が適当かと思います。

江下委員(使用者委員)

専門部会の部会長も、以下のようにコメントを述べます。

専門部会の部会長を担当した立場から、意見を申し述べたいと思います。
最低賃金につきましては、本年も最低賃金専門部会を設けて審議が行われ、労使か区側の意見を聞きながら、合意を経て決定したという経緯がございます。
内容としても、中賃の目安を基にしまして、使用者側、労働者側それぞれの立場から首長と協議がなされ、本県における労働者の賃金及び生計費、通常の事業の賃金支払能力などを総合的に勘案し、目安と同額での引上げ額を決定した経緯がございます。
ただ今の労使各側の意見にもありましたように、こうした労使の真剣な協議合意を経ての結論でございますので、その結果を尊重すべきであると、公益代表として考えております。以上です。

小股委員(公益委員)

最初に述べたとおり、この会議はわずか50分で終わっているのですが、実は後半は特定最低賃金の話をしています。
議事録は15ページですが、異議申出を退ける部分は7ページ目です。
おそらく、20分程度しか異議申出に関する審議はしていないでしょう。

そもそも、傍聴できないし、記録も見れないという会議の結論について、何をどう異議申出すればいいのかわかりません。
仮に、そんなことはあり得ないと思いますが、法的に瑕疵のある審議を行っていたとしても、外にいる人にはわかりません。
これはシステムの誤りではないでしょうか。

最賃議事録全国調査(20)へ続く

最賃議事録全国調査(19)

全国で一番早く結審した富山はどう議論したのか

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!

コメント

  1. […] 最賃議事録全国調査(19)へ続く […]