最賃議事録全国調査(5)

議事録を丸ごと不開示にする青森労働局や、議事要旨だけ出してくる長野労働局は、大がかりに不開示にしてきますが、その点、今回紹介する沖縄労働局は小さめです。

小さめと言っても、具体的な労使の提示する金額を黒塗りにしてきました。

a139d434d7129d0b7002a8c37d6a88a3-620x388 最賃議事録全国調査(5)

塗り幅からして、何円アップするかの2桁を記録しているものと思われます。

会話からすると、労側は、提示額に幅を持たせています。
上は時給800円を目指す数字で、下はこの部分には出てきませんが目安プラス1円と思われます。
もちろん、使側の数字についても不開示になっています。

ところで、こうした金額は不開示にすべき金額でしょうか。
労使各委員が、この金額を知られて困ることはまったくありません。
知られて困る金額なら、提示すべきではありません。

かといって、特定の個人や団体の利益を侵害することもありません。
来年度の審議に影響するかと言えば、今年度は今年度、来年度は来年度ですから、無関係です。

意見の中立性を犯すということも考えられません。
このことを知られたからといって、来年度から話ができなくなることはないのです。

つまり、不必要な不開示指定です。

これについては、「審査請求」を行うことができます。
実際に、厚生労働大臣宛に行いました。

こちらをご覧ください。
ad6c1f3baa20c5c6240de26b2c47d540-620x877 最賃議事録全国調査(5)

これは、審査請求を受け付けたので、情報公開・個人情報保護審査会に諮問しましたよという通知文です。

沖縄労働局から開示を受けた文書は、3月22日付けです。
審査請求を送ったのは、3月30日付けで、受付は4月2日です。
諮問したのは、6月13日。

つまり、入り口に入るだけで、1ヶ月半も待たされたのです。
あまりにも遅すぎると言えるでしょう。

最賃議事録全国調査(6)へ続く

最賃議事録全国調査(5)

金額だけ黒塗りの沖縄労働局と遅い審査請求手続き

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!