議事録公開で最北の北海道と最南の沖縄は同じ事考えるらしい

2017年度地方最低賃金審議会で公労使委員が何をしたか、また、事務局が何をしたか探る調査を実施したところです。
なぜか、北海道と沖縄が、ほぼ同じような墨塗方式を取ってきたのです。
まるで、蝸牛考

北海道から

北海道については少し枚数がありましたので、動画にしました。

ただ、公開された金額については、傾向は他の地域と同じ。
また、他の審議会の進行度合いをしゃべっているだけです。

沖縄も

沖縄は細かな開示もありましたが、そういうのはほっときましょう。
大事なのは具体的な金額審議を開示しなかった部分です。

まず、こちら。労側の金額提示です。
f2351434c03abc8f375fbb4f647f7902 議事録公開で最北の北海道と最南の沖縄は同じ事考えるらしい
正直言って、予想の範囲。
800円を目指す数字を示しながら、妥協できる数字まで示しておく親切設計。

一方、使側の金額提示。
8aa795a8f4bb95b84707147e074c35ad 議事録公開で最北の北海道と最南の沖縄は同じ事考えるらしい
根拠は、賃金改定状況調査第4表。
これも想定の範囲。

北海道も沖縄も普通だった

ごくごくたまに、ふたを開けてびっくりという地方審議会もあるわけですが、北海道も沖縄も普通でした。
800円や1000円を目指す労側、賃金改定状況調査から始める使側。
でも、そのうちどうせ公益委員にひっぱられ、中央目安額に近づいていきます。
地域間格差をどうするのか、少しずつ地方から大きな声になるようになってきていますので、それが公益委員を動かしつつあります。ただ、メインはやっぱり中央目安なんですが。

民主主義の国なら

さて、みなさんの地域の最低賃金はどうでしょうか。
誰がどう決めているかわかりますか。
高い低いを意思表示できていますか。
誰がどう決めたかわからないとか、すごく気持ち悪いと思います。

最賃審議会の裏側暴露!日弁連シンポに続く


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 議事録公開で最北の北海道と最南の沖縄は同じ事考えるらしい

議事録公開で最北の北海道と最南の沖縄は同じ事考えるらしい

2017年度地方最低賃金審議会の議事録で途中金額だけ墨塗にしていたが公開されたら普通だった

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!