高度プロフェッショナル制度に関するパブコメがひっそり出てたけど何か欠けてる

パブコメというのがあります。
政府があれこれ決める前に、国民から広く意見を募る方法です。
ですが、すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーくひっそりと、すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーくわかりにくく募ります。
高度プロフェッショナル制度に関するパブコメが、すごーーーーーーひっそり出てますので、紹介します。

パブコメを検索

まず、パブリックコメントのページへ行きましょう。
グーグル先生に聞いてみましょう。
pabcom01 高度プロフェッショナル制度に関するパブコメがひっそり出てたけど何か欠けてる

電子政府の総合窓口e-Govというのが出てくるので、それです。

いろいろなパブコメがあるので、「高度プロフェッショナル制度」で検索すると、それが出てきます。
pabcom02 高度プロフェッショナル制度に関するパブコメがひっそり出てたけど何か欠けてる
タイトルに高度プロフェッショナル制度とは書いてありませんが、これで間違いありません。

中に入ると、なおさらわけがわかりませんが、「意見募集概要」というPDFファイルを開くことになります。

PDFですか・・・(–;)
モバイルの時代に・・・(–;)
スマホからも見れるようにしてよ・・・(–;)

とりあえず、それを開きます。
3ページまで進みます。

ページ中程から、これが始まります。
(2) 労働基準法第四十一条の二第一項の規定により同項第一号の業務に従事する労働者の適正な労働条件の確保を図るための指針案

そして、その中の1つの項目に、こう書かれています。
pubcom03 高度プロフェッショナル制度に関するパブコメがひっそり出てたけど何か欠けてる

一番最後の黒ポチで、こうなっています。
業務に従事する時間に関し具体的な指示を行うことはできないこと等、必要な管理者教育を行うこと。

「等」って、すごく微妙な表現ですよね。
とりあえず、時間に関する裁量性があることはわかるんですが。

裁量労働制の場合は時間も業務遂行も

ちょっと難しい話になりますが、いまも裁量労働制という専門職に適用されるルールがあります。
裁量労働制が適用されるためのルールには、こんなものがあります。

対象業務の遂行の手段及び時間配分の決定等に関し、当該対象業務に従事する労働者に対し使用者が具体的な指示をしないこと。

事業の運営に関する事項についての企画、立案、調査及び分析の業務であつて、当該業務の性質上これを適切に遂行するにはその遂行の方法を大幅に労働者の裁量にゆだねる必要があるため、当該業務の遂行の手段及び時間配分の決定等に関し使用者が具体的な指示をしないこととする業務(以下この条において「対象業務」という。)

労働基準法38条の4第1号1号

裁量労働制ですら、時間に関する裁量と、業務遂行の手段の裁量などが必要なんです。
それなのに、高度プロフェッショナルは「等」という書き方でごまかされそうです。

パブコメ送ってみませんか

パブコメは、郵送、FAXの他、フォームから送信ができます。
そこに自分の言葉で意見を書けば大丈夫。

裁量労働制には、時間と業務遂行の裁量があるのに、それよりも専門性の高い仕事であるはずの高度プロフェッショナル制度に、次官の裁量だけしか書いてないのはおかしいので、ちゃんと業務遂行の裁量も書き込んでください。

・・・ぐらいでもいいのだと思います。
ぜひあなたらしく書いてください。

ぜひ、政治にあなたの声を活かしましょう。

高度プロフェッショナル制度に関するパブコメがひっそり出てたけど何か欠けてる

「業務遂行手段の裁量性」も加えて

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!

この記事へのコメントはこちら