ユニオンショップ制の御用組合から脱退したい

ユニオンショップ制度の会社があります。
会社で働くためには、労働組合員でなければならないろいう労働協約が結ばれているケースです。
しかし、どの労働組合に入れと指定されているわけではありません。

こんなご相談です。

ユニオンショップ制の会社に勤めています。企業内組合はあるのですが、会社のいうことを代弁するばかりで、労働者のための労働組合とは思えません。そんな者のために高い組合費を納めているわけではないのです。どうしたらいいでしょうか。

他の労働組合に移ろう

先に述べたとおり、ユニオンショップ制は、労働組合員だけと雇用契約を結ばなければならないとする労働協約です。
これによって、労働組合員以外の人を雇い入れて、低い労働条件にすることで競争させないようにするための措置です。

一方で、労働者は、労働組合を選ぶ権利はあります。
一つの会社の中に、たくさんの労働組合がある場合があります。
そうした場合は、入社時にどの労働組合に加入するか選択することになります。

しかし、御用組合がほぼ全員を加入させている場合、いつの間にか加入していたということが生まれます。
給料明細で控除の欄に「労働組合費」があることで知ることになります。

労働組合は、会社の中にあるものではありません。
会社の指定する労働組合に加入するものでもありません。
労働組合は、自分で選択しましょう。

間違って御用組合に入ってしまったら、移ればいいのです。

どこにあるか

移る先の労働組合ですが、どうやって探したらいいでしょうか。
まず、御用組合の上部組織を探してください。
たいがいホームページや機関誌を見ていると、何となくわかります。

その系列とは異なる方がトラブルにならずいいでしょう。

地域労働組合なら、大概どこにでもあります。
上部組織には注意して、そこに連絡を取ってみてください。

また、同じ産業でも系列の異なる労組という手もあります。

どちらにせよ、ナショナルセンターが異なれば、トラブルは発生しにくいと思われます。

脱退してしまう前に加入を

1点だけ注意です。
それは、ユニオンショップの労働協約の中に、労働組合員でなくなった人を解雇するという約束事が入っているはずですから、脱退してから考えるのではなくて、移る先の労働組合に加入してから、脱退届を提出してください。
そうしないと、「空白の1日」で解雇されたなんていう出来事が起きてしまうかもしれません。注意しましょう。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform ユニオンショップ制の御用組合から脱退したい

ユニオンショップ制の御用組合から脱退したい

脱退の前に他の労働組合に加入すればいい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!