職場の問題は法令だけで解決するものではない

いろいろな労働相談が寄せられます。
残念ですが、簡単には解決できません。
なぜなら、法律が勝手に解決してくれることはあまりないからです。

まず、自分にとって不都合なことが起きたとわかりやすい状況を考えます。
さて、困りますね。
解決したいけど、どうしたらいいかわからない。

そんなときは、人間観察から始めてください。

その次に、まず自分を振り返ってみましょう。
そうすると、よりよく改善できる道のりが待っています。
簡単です。
反面教師ならたくさんいるからです。

仲間を募るときに、気をつける点があります。
自分がやられて嫌なことはしない。
ここポイントです。

ここから勝負ですよ。

ここで労働組合が必要になります。
こう考えると、労働組合の必要性ってわかりませんか?

具体的に、行動しましょう。
愚痴っているだけでは、前に進みません。
行動することも不安とのたたかいですが、大丈夫です。

少数派でもいいんです。
少数派であることを認め、どうすればいいか観察して洞察してください。

私たちのような、いわゆる駆け込み寺的な労働組合は、別に何か特別な力があるのではなく、民主主義的なたたかいのルールに則っているだけです。
なかなか人生において学習しないことですが、ここはぜひ理解してください。

そして最後。
ここが大事だと思います。
個人に自主的な行動があるときに、始めて成功します。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 職場の問題は法令だけで解決するものではない

職場の問題は法令だけで解決するものではない

人間の集団の力で解決する発想を

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!