4月からの更新ありますか?

来年4月から始まる無期転換権制度。
あなたは、知っていますか?
会社には周知義務はありません。ですから、知らないのは労働者が悪いということにされかねません。

無期転換権とは

有期契約を繰り返し更新して、長年勤めているとしましょう。
そもそも、このような状況の場合、雇い止めは簡単にはできず、裁判所などに持ち込めば雇い止めが無効になることもあります。
実態としてそうなので、法律もそうなりました。

雇われ初めて5年を超える契約時に、労働者が「無期雇用にして下さい」と意思表示するだけで、次の契約時からは無期雇用に変わるという制度です。

たとえば、2013年4月から1年雇用の契約を結び繰り返したとしましょう。
2018年4月になると5年になりますから、そこで無期転換権を行使します。
そうすると、2019年4月からの契約は無期雇用に変わります。

悪用する会社も

そもそも、そうした労働者を長く雇っている会社なのですから、無期転換しても何も不都合はないはずです。
ですが、無期転換権が発生する前に、雇い止めする、契約時に5年を超えないと書き込むと言ったところもあります。
むずかしいことばで言えば、「潜脱行為」です。

法律の趣旨は、労働者の生活の安定を図るもの。
それと逆のことをしているのですから、とんでもないことです。

もし、そのような会社があれば、ぜひご相談下さい。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 4月からの更新ありますか?

4月からの更新ありますか?

無期転換権を使いましょう

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!