【コンビニバイト】シフトの約束を守ってもらえない

コンビニでバイトし始めた学生さんから、こんなご相談です。

土日のいずれかにシフトに入るという約束で働き始めました。
土曜日にシフト希望を入れたある日、店長から日曜日に用事はないかと言われて、ないと答えたら、日曜日にもシフトに入るよう言われました。
平日は学校があり、土日どちらもバイトをいれるのは厳しいです。

よくあるシフトに関するトラブルです。
大切なのは、できないものは、はっきりと断ることです。

まず、「土日のいずれかにシフトを入れる」というのが当初の約束です。
これは労働条件のひとつです。
相談者の方は、平日は学校があるし、土日どちらもバイトがあるのでは厳しいからという理由でそのようにしたようです。

ここからです。
店長は、相談者の方に土曜日だけでなく日曜日もシフトに入ってほしいと考えたのでしょう。
そこで、用事がないか確認の上、日曜日に入るように「お願い」したのです。

もちろん、この「お願い」の言い方によって、受け取り方はずいぶんと変わります。
ここではそれについて深入りするのはやめましょう。

いずれにせよ、当初の労働条件を変更するお願いです。
それについては、イエスとこたえるかノーと答えるか、こちらに選択権があるはずです。

もしも、当初の約束通りにしてもらいたいのであれば、そのようにはっきりと答えるべきです。
ずるずると何となく変わってしまったというのが一番よくありません。何せストレスがたまります。はっきり、ノーと答えましょう。

また、妥協する案として、「とりあえず今回はシフトに入ってもよい」と今回限りと答えておくのもあるかもしれません。バイトを初めてあまり日がたっていないため、慣れない中で大変かもしれませんが、職場においては、多少の妥協というものはよくあることです。

ところで、労働条件の変更が「お願い」でなくて、脅迫的になってきたら、もう一人で耐えるのはやめましょう。専門家に速やかに相談し、対処するようにしてください。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 【コンビニバイト】シフトの約束を守ってもらえない

【コンビニバイト】シフトの約束を守ってもらえない

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!