【ブラックバイト】労働時間を勝手に延ばされる、辞めさせくれない

学生の方から、こんなご相談です。

相談もなく労働時間を増やされました。学校との両立ができないほどなので、退職の相談をしたいと考えました。
そうしたら、「わがままに付き合っていられない」と言われました。
こんなケースは、社会では常識なのでしょうか。

ブラックバイトです。
一つずつ見ていきましょう。

合意なく労働時間を増やすことは許されない

働き始めるときに、契約書や労働条件明示書のように、働かせ方に関する条件に関する覚え書きがあるはずです。使用者は、これを文書で示さなければならないことと決められています。

労働基準法第15条
使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。

働かせ方に関する条件のことを、労働条件と言い、その一つに、労働時間があります。もしも、この労働時間を変えたいと言うときは、その都度労使の合意が必要です。

労働契約法第8条  労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。

つまり、使用者が勝手に労働時間を延ばしたり、短くしたりすることはできないのです。

ただ、この決まりを守らない使用者もいます。そのときはどうしたらいいでしょうか。それは、「そんなのイヤだ!」と主張するしかありません。誰かが勝手に取り締まってくれることはありません。

今回の場合、学校生活に支障が出るほどの労働時間の延長です。そんなことが許せるわけはないのですが、そうだと主張できるのも、相談者自身しかいないということなのです。

ひとりで言えないからユニオン

そうとわかっても、ひとりで「イヤだ」というのには、勇気がいるかもしれませんね。その後、会社とうまくやっていけるだろうか、ひどいことを言われたりしないだろうかと心配するでしょう。

しかし、安心してください。2つのことを覚えておいて下さい。
まず一つに、正しいことは正しいと主張してこそ、正しくなります。あなたはそれをしているのですから、決して後ろめたいことはありません。法律に書いてあるということは、日本のルールだということです。「法律に書いてあるだろうが、そんなの守ってたらやっていられない」という会社があったなら、「ならば、それを表で言ってみてください」と応じればいいのです。
もう一つは、それを応援するために労働組合(ユニオン)があります。ユニオンは、立場の弱い労働者が団結して、使用者に対抗する自主的組織です。日本のルールを守らないブラック企業を告発するために活用しましょう。個人でならできなくても、ユニオンならできます。ユニオンの連絡先は最後にご紹介します。

退職は自由

本来、使用者が労働時間を勝手に伸ばしたためですが、学業に支障が出るので退職を考えているとのこと。
それを伝えたら「わがままに付き合っていられない」と言われたとのことですが、わがままなのは使用者の方です。

労働時間を勝手に延ばしたのは使用者です。本来でしたら、そのわがままに付き合っていられません。ただちに元に戻すべきでしょう。

しかし、もしも退職したいという気持ちが変わらないのであれば、法律上は2週間前に言えば退職することができます(期間の定めのない労働契約の場合)。

民法第627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

働いているみなさん、どうでしょうか。退職はわがままでしょうか。
退職すれば、人とのつながりが切れます。新たな職場に行けば、また一から人間関係づくりをしなければなりません。
経験年数はゼロになりますから、同業でない限り新人として一から始めなくてはなりません。新しい仕事を覚えなければなりません。賃金も振り出しに戻りますし、有給休暇の日数だってそうです。
できれば転職なんてしたくない。
そう思うのが普通ではないでしょうか。

それでも、退職せざるを得ない。
今回の場合、その原因をつくったのは、労働時間を勝手に延ばした使用者です。

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考えます。

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ主人公です。

まずは、下のボタンをクリックして、お問い合わせください。

mailform 【ブラックバイト】労働時間を勝手に延ばされる、辞めさせくれない

【ブラックバイト】労働時間を勝手に延ばされる、辞めさせくれない

そんなときは、労働組合(ユニオン)に加入して、団体交渉を

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!