タイムカードもないし残業代も出ないときはどうしたら

サービス残業はいまだに蔓延しています。
今回は、こんなご相談です。

私の子どもは、1ヶ月に100時間以上残業しているはずです。毎日深夜0時とか1時に帰宅しています。でも、タイムカードがなく、残業代も出ていないようです。どうしたらよいでしょうか。

過労死が心配

まず、お金より何よりも、その労働時間の場合、過労死や過労自死を一番に心配しなければなりません。
お金は後で取り返せますが、命や健康はどうにもならないのです。

まず、家族として行うことは2つです。
労働基準監督署に情報提供することとご本人に事の重大性を説明して理解させることとです。

長時間労働は国家的問題

長時間労働による過労死は、国家的な問題です。
つい先日、電通がふたたび過労死事件で断罪されました。
新国立競技場の建設に携わっていた作業員が過労自死した件も労災認定されました。

東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の建設現場で働いていた男性が自殺した問題で、労働基準監督署は月190時間に上る極度の残業による過労が原因だったとして、労災と認定しました。
労災が認められたのは新国立競技場の地盤改良工事の下請けに入っていた、東京・台東区の建設会社「三信建設工業」に去年4月に入社し、ことし3月に自殺した23歳の男性です。
NHK 新国立競技場建設 男性の自殺 労災認定 2017年10月10日

仕事で人が殺されるというのは異常です。
労働基準監督署も、しっかりとした情報提供があれば動きやすくなっています。

過労の弊害を本人に理解してもらう

残業代をもらっていないのに甘んじて長時間労働に応じているのはなぜでしょうか。
もし、心に引っかかっているものがあれば、取り除く必要があります。

たとえば、生活費。
いまどうしてもその給料がないと生活していけないとか、奨学金が返済できないとか、お金の心配がないでしょうか。

仕事に対する責任感。
本来であれば辞めたくなって当然ですが、仕事を途中で投げ出すことに対して自分が無責任なのではないかと思っているかもしれません。

転職に対する拒否感。
初めて転職するとか、何度も転職していて嫌な思いをしているときには、採用時や次の職場に大きな不安があるかもしれません。

しかし、いずれにせよ、過労は健康を害します。
仕事に対する能率も悪くなります。
転職することに対するエネルギーも問題解決に対するエネルギーも少なくなります。
放置しても何もいいことはありません。

解決できたらどうなるでしょう。
残業時間は最小限に抑えられます。
体調も整えることができますし、自由時間もできます。
当然、残業代も出ます。
…というよりも、これが普通です。

本人には、そうした目標を示しつつ、いますぐできる小さなたった一つの行動を提案してみてください。
最初は一緒に行動するのもよいでしょう。

ちなみに、労働時間の記録は第一歩です。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform タイムカードもないし残業代も出ないときはどうしたら

タイムカードもないし残業代も出ないときはどうしたら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!