バイトをバックレたらどうなりますか

酷い働かせ方をする、辞めさせないといったブラックバイトもあるのですが、まずこんな質問です。

いまのバイト、バックレたらどうなりますか?

辞める理由は何だろう

バックれる。つまり、突然、仕事に行かなくなる。
どうしてこうなってしまったのでしょうか。

仮に、会社の非がないときと、そうでないときで、ずいぶんと話が違うことになるでしょう。
これは想像できると思います。

仮に、会社に非がなかったときどうなりうるか、考えてみましょう。

損害賠償請求されるかもしれない

最近では、飲食店に10人規模の予約を入れていたのに、無断で行かないという不届き者がいるそうです。
飲食店は、当然怒りますね。
予約した人にお金を請求するかもしれません。

それと似たような状況だと考えればいいでしょう。
突然、あなたが仕事に来なかったがために、一人分の労働力が不足しました。
周りの人が大慌てです。
電話をかけて連絡をしようとしたかもしれません。
その間にも、仕事は同時並行です。

これだけの迷惑をかけたのだからと、お金を請求されることはあり得るでしょう。
そもそも、契約書や就業規則に、辞めるときはいついつまでに届けることと書いてあるはずです。
それを守っていないのですから。

最後の賃金はどうなるの

ところで、最後の賃金を受け取ったでしょうか。
金額を確認していませんよね。
また、無断欠勤のペナルティーを引かれていないでしょうか。
就業規則には「懲戒」という項目が大概あります。
減給規程があるのも通例です。
このあたりからきな臭い話になってきます。

戦場から逃げることは正しいかもしれない

まったく問題ない会社ならば、そもそもバックレることを考えないと思うのですが、ブラック企業、ブラックバイトという戦場においては、何が何でも逃げることが正しいときもあるでしょう。
病気になったり、暴行されたり、過労死したり、学校にいけなくなったりするよりは、戦略的撤退です。
この場合は、正しい判断です。

総合的に判断するその前に退職は自由だ

どっちがどう悪いかどうかの前に、知っておいてほしいのは、退職は自由だということ。
江戸時代のように、丁稚奉公で何十年も勤めなければならないということはありません。

経営者に採用の自由があるように、労働者に退職の自由があります。

労働者であれば、ある程度の時期を空けて退職を届ければ、つつがなく退職できます。
悩みは、それにくっついてくる問題です。
上司がすごく怖い、パワハラをする、辞めさせないと脅迫するといったケースもあります。
最後の給料を払おうとしない、離職票をよこそうとしないというケースもあります。
でも、泣き寝入りする必要はありません。

私たちは労働者。
労働力は売っていますが、魂までは売っていません。
ダメなことをやっている経営者には、ガツンと言ってやって結構です。

退職日を述べて、「退職します」で、ハイ、終わり。
ついでに、残っている有給休暇も全部使ってあげましょう。
飛ぶ鳥跡を濁さずで、有給休暇を残さず使っていくのが親切というものでしょう。

ね?

もし、一人だけで言うのでなく、たくさんの人といっしょに何倍もの声量で言ってやりたいのであれば、にいがた青年ユニオンのような労働組合に加入する方法もあります。
自分の身を自分で守ると決めたなら、必ず解決できるはずです。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform バイトをバックレたらどうなりますか

バイトをバックレたらどうなりますか

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!