パワハラ加害者にされた!解雇されないか心配

かつて労働相談と言えば解雇でした。しかし、最近はパワーハラスメントが増えています。しかし、それを悪利用しようとする上司もいるようです。

先日、上司に呼び出されたのですが、後輩への指導が不適切だというのです。しかし、具体的に聞いても詳細を教えてくれません。パワハラをしていると難癖をつけてクビにするのではないかと思っているのですが、どう対処すべきでしょうか。

パワハラの定義をふまえて

パワーハラスメントとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義されます。

ポイントとなるのは、「業務の適正な範囲」です。
上司が部下に対して、業務上の指示や教育を行うことは当然です。そうした当然に行われる業務を妨げず、何が指揮命令であって、何がパワーハラスメントなのか、きちんと区別させることは会社が行うべき事柄です。
そして、実際にパワーハラスメントが発生したとされる場合は、現実に何が行われたのか事実関係を把握し、裁判例などを元に判断しなくてはなりません。

パワハラ加害者だと疑われたら

自分がパワハラをしていると指摘されたら、まず2点について確認が必要です。
1つ目は、職場の共通認識がどうなっていたかです。上司が部下に対して指揮命令することが当然であるように、何が業務上の範囲で、何がそれを超えてハラスメントになるのか、きちんと会社が従業員に対して教育しているのか問わなければなりません。そうした研修を行っていないのであれば、会社にも責任があります。
2つ目は、事実関係です。いつ、どのような場面で、誰がいて、何をしたのか、そうした事実関係がどうだったかを確認しましょう。地震で反省すべき事柄だと思い当たる節があれば改善するようにしてください。しかし、ご相談のケースでは、「具体的に聞いても詳細を教えてくれません」とのことですから、たとえ事実だとしても改善すらできませんので、これは上司の指導力不足です。

なぜパワハラ加害者にしようとするのか

パワハラの加害者にされようとしているとのことですが、それはなぜなのでしょうか。
思い当たる節があれば、それを形で証明できるものを手に入れておいてください。

ねつ造する会社もある

不当解雇で争う裁判などでは、会社が元同僚らに対して有形無形の圧力をかけて、悪口を提出させてくることがあります。元同僚といえども、生活がかかるとどうしても会社の圧力に負けてしまいます。つまり、パワハラの証拠ねつ造は、会社にとって朝飯前だとも言えるでしょう。
それだけに、そうしたことを防ぐには、あらかじめ労働組合に加入したほうがいいでしょう。労働組合にもさまざまありますが、そうした対処に経験のある労働組合もあります。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform パワハラ加害者にされた!解雇されないか心配

パワハラ加害者にされた!解雇されないか心配

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!