パワハラ?業務命令?どう違うの

最近の労働相談は、パワハラが目立つようになりました。
こんなご相談です。

新卒で入って半年になります。上司から、教えられてもいないことをやれと言われては叱られます。質問すると考えてから話をしろと言われもします。人間として程度が低いともいわれます。だからといって、クビにするといったことをいうわけではありません。何が正しくて、何が悪いのかわからなくなってきました。どう考えたらよいのでしょうか。

業務上のことかどうか

パワハラなのかどうかは、まず業務上のことなのかどうかを考えてみてください。
「人間として程度が低い」という発言は、これは度を越えていますね。
労働者は、労働力を売っているのであって人格を売っているのではありませんから。

業務上のことでも他人と違うことをやらされていないか

たとえ業務に関することでも、明らかに他人と違うことをやらされていればパワハラになるときがあります。
たとえば、草むしりを延々とさせられたり。
隔離部屋に入れられたり。
過度な仕事を与えられたり。
逆に仕事を取り上げられたり。
どう考えても、いじめです。こういうものはパワハラです。

指示を明確に与えないのはどう?

教えられていないことをやれと言われたり、わからないことを質問すると考えてから話をしろと言われるのはどう考えるべきでしょうか。
もしも、その状態で何かをやれば、失敗します。
ロスが生じるでしょう。会社には損害です。
それが経営者としての判断だというのなら、それもありかもしれません。
損をするのは経営者ですから。
でも、その責任を労働者に擦り付けられるのは、まっぴらごめんです。

記録を取ろう

こうしてみてはどうでしょうか。
仕事を覚えるためと言って、自分の行動について日記をつけるのです。
そのときに、上司からどう言われたかも記録をつけておきます。
あとで自分に不利なことがあったら、その日記を見返せばよいでしょう。

それと同時に、たとえばにいがた青年ユニオンに加入して、会社と団体交渉して事前に解決する方法もあります。
経営者だって損を覚悟で業務をやらせたりしたくないのではないでしょうか。
よりよい職場になるようにする方法が必ずあるはずです。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform パワハラ?業務命令?どう違うの

パワハラ?業務命令?どう違うの

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!