仕事で精神的に悩む家族や友人をどうしたら

こんなご相談です。

私の友人が職場でパワハラを受けています。傍目におかしくなっているのがわかるのですが、本人は仕事は辞められない、出勤しないとといって聞きません。でも、明らかに顔色も悪そうだし、心配です。どうしたらいいのでしょうか。

パワハラは良くないが本人がその気になる必要がある

残念ながら、一緒の会社に勤めていない友人からの相談です。
職場の話は聞けるようですが、見た目に顔色が悪かったり、症状が暗かったり、身体が細くなったりしているのがわかる状態なので、かなり悪化していると思われます。

しかし、ご本人は職場に行かなくてはならないと言っています。
上司のパワハラは嫌だけれども、やらなくてはいけない業務があるという葛藤の中にいるようです。

もちろん、パワハラはよくありません。
しかし、それを何とかできるのは、本人しかありません。

したがって、友人として、まずやるべきことがあります。

洗脳を解く必要がある

普通の人は、パワハラされていれば、職場に行きたくないとか、会社を辞めたいとか思うでしょう。
しかし、相談者の友人はそう考えていません。
理由は簡単です。
洗脳されているからです。

呼び方は、洗脳でもマインドコントロールでもよいのですが、言葉を換えれば「視野が狭められている」のです。
逆に言えば、その友人の視野を広げてあげれば、その状態から脱する可能性が広がります。

まず、それだけのことをされているのに、友人は会社を辞めたり休んだりしません。
つまり、「あなたがいなければ困る」と言い含められているからです。

そこで、「あなたがいなくても会社は回る」と何回も言いましょう。
実際、社員が一人いなくて事業停止するようなバカみたいな会社はありません。
これまでの人生の中で、会社以外の家族、学校、町内会、その他何でもそのはずです。
そのための組織です。

「あなたがいなくても会社は困らない」と何度でも言い聞かせましょう。

次に、「休んでも悪くない。休んでもいい。出勤してももちろんかまわない」と言い聞かせてください。
なぜなら、「休むことは悪いことだ」と洗脳されているからです。
いいか悪いかという判断基準を捨てるようにしましょう。
そんなことは、どっちでもいいのです。

「出勤しようが欠勤しようが、良くも悪くもない」と何度でも言い聞かせましょう。

最後に、専門家の話を聞いてみてください。
似たようなケースを知っているかもしれません。
本人が聞くことができなければ、相談者が聞いて、それを本人に伝えてあげましょう。

いろいろな経験を語り、「あなただけの価値観がすべてではない」と何度でも言い聞かせましょう。

ブラック企業は洗脳してくる

ブラック企業はブラック企業だけに、ひどい働かせ方をします。
たいがいの人が辞めていくのも想定済みです。
ですが、その過程で洗脳できる人を抱え込みます。
抱え込まれた人は不幸です。
せっかくの人生がブラック企業に吸い取られるのです。

そうならないように、にいがた青年ユニオンのような地域にある労働組合に加入してください。
会社にある労働組合でもかまいませんが、地域にも労働組合はあります。
ホームページで調べてみて、何をしている労働組合なのかじっくり比較してみてください。
あなたの好きな方の労働組合に加入すればいいのです。

もし、どれも満足しなければ、自分で作る方法でもいいでしょう。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 仕事で精神的に悩む家族や友人をどうしたら

仕事で精神的に悩む家族や友人をどうしたら

洗脳されている人の思考を解く必要がある

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!