休憩が取れない時は労働基準監督署へ行こう

こんなご相談です。

忙しくて休憩がほとんど取れません。毎日残業続きです。

残業の件は、また別の回に譲るとして、休憩について見てみましょう。

休憩時間が途中に必要

長く働き続けると能率が落ちます。そのため、途中に決められた時間以上の休憩時間を挟むこととしています。

労働基準法34条
使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

たとえば、労働時間がピッタリ8時間の場合は、途中に45分の休憩を挟まなければならないし、8時間を超えて残業があるというようなケースなら、途中に1時間の休憩を挟む必要があるということです。
したがって、ご相談のケースの場合、「忙しくて休憩がほとんど取れない」わけですから、労働基準法34条に違反しているということになります。

労働基準法に違反していることはどうしたらよいでしょうか。それは、労働基準監督署に申告することです。そのような状況を申告して、是正してもらいましょう。一人で申告することに勇気がいるという場合は、お近くのユニオンに相談してください。

ところで、

  • 8時間働く
  • 1時間休憩が取れずに働く
  • 合計9時間働いた

というような場合なら、休憩時間に対する残業代不払いが発生しています。割増を付けて支払ってもらいましょう。

休憩は一斉が原則

ちなみに、休憩時間を労働者ごとにバラバラに取得させたらどうなるでしょうか。働いている人に気兼ねして、休憩している人が気が気でなりません。そこで、休憩は原則として一斉に与えることとされています。

労働基準法34条2項
前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。

休憩時間は自由に使える

休憩時間は賃金の支払いもありませんし、当たり前と言えば当たり前ですが、労働者の自由に使うことができます。

労働基準法34条3項
使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

業務用の電話の前でお弁当を食べていて、電話が鳴ったら出なければいけないなどというのは、休憩時間ではありません。立派な業務時間です。そのようなことがあれば改善してもらいましょう。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 休憩が取れない時は労働基準監督署へ行こう

休憩が取れない時は労働基準監督署へ行こう

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!