休憩時間が短いときはどうしたら

実は、よくあるご相談です。

途中の休憩をちゃんと取れません。どうしたらいいでしょうか。

法律上必要な休憩時間

34条は1項から3項まで、こうあります。

使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
2 前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。
3 使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

まず、労働時間が6時間を超えるとき、つまり、6時間1分以上なら、その途中に45分以上の休憩が必要です。また、8時間1分以上なら1時間以上の休憩が必要です。それは、仕事を中断して、途中に与える必要があります。
次に、休憩時間は、全員一斉でなければなりません。ただ、お店の都合などでどうしても、という場合は労使協定がないといけません。
最後に、休憩時間は労働者を自由にしなくてはなりません。だって、労働時間じゃないんだもの。

これは労働基準法の決まりなので、最低限度で強制的なルールです。
日本全国、どこでも守られなければなりません。

ではどうするか

では、どうするかです。
労働基準法に違反するというのは、犯罪になります。
泥棒見たら110番ですが、労働基準法違反なら労働基準監督署です。
場所はどこでも結構です。お近くの労基署へどうぞ。

ただし、「私の会社が犯罪しているので取り締まってください」というような話になり、証拠にしたがって指導してくれるかどうかになります。
問題は証拠です。
証拠がないのに泥棒判定できませんよね?
それと同じです。
あなたが証拠を集めなくてはなりません。

もう一つは、にいがた青年ユニオンのような労働組合に加入して、団体交渉することです。
会社は話し合いを拒否できませんから、改善した上で、いろいろなことを一緒に直したり、考えたりする必要が出てくるでしょう。
どちらにしても、あなた次第です。

「権利の女神は主張する人にほほえむ」といいますが、その通りなのです。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 休憩時間が短いときはどうしたら

休憩時間が短いときはどうしたら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!