体調が悪いのに無理に出勤を命じられる

今日は、こんなご相談です。

体調が悪く、病院に行きました。そうすると、「安静にしておきなさい」という指示です。
それを会社に伝えたのですが、通常通りの勤務を命じられたり、遠方への出張を命じられます。
どうしたらよいのでしょうか。

病気の時は誰にでもある

病気を押して、働く人が見られます。
なんとかドリンクとか飲みながらムリしていませんか。

人間なのですから、病気の時は誰にでもあります。
体の中で、免疫という働きが一生懸命働いて、体内に侵入してきたウィルス等とたたかっているのです。

たとえば、風邪を引くと、熱が出ます。
あまりに髙すぎる熱は解熱剤で下げたりしますが、そうでないなら、体温が上がることによりウィルスの増殖が押さえられるのだとか。
体内では、一生懸命、たたかっているのですね。

安静が一番

当然、そんな場合なのですから、仕事などしている場合ではありません。
しかも、医師が「安静にしなさい」と言っているのです。

あなたの会社の上司は、医師ですか。
違いますよね。たぶん。
そうであるなら、あなたの体のことに責任を持って診断してくれるのは、病院の医師です。
「安静にしなさい」と言われたら、安静にしなければなりません。

健康になってから働くのが労使ともいいこと

「安静にしなさい」と医師が診断を下しているのに、それをひっくりかえそうとする上司というのは、何者なのでしょうか。
そんなにできる人なのでしょうか。

考えてもみてください。
健康なときも、病気の時も、払う時給は同じです。
でも、能率的には健康なときの方がいいですよね。

病気で能率が悪いのに、高い賃金を支払いたいというのは、おかしな上司でしかありません。

1日働き2日休むのではありません。
1日休み2日働く方が、労使ともに幸せなのではないでしょうか。

診断書は具体的に

なお、医師と相談の上、診断書はできる限り具体的にしてもらうとよいでしょう。
たとえば、「1週間の安静を要する」とかです。
ただ、安静にしていなさいではなくて、1週間というように、日数を入れてもらうだけでも違います。
そのあたりは、医師とよく相談してください。

労働組合に加入して会社と交渉

それでも、会社はうんといわないかもしれません。
嫌がらせをしてくる可能性もあります。

その前に、「にいがた青年ユニオン」に加入してしまいましょう。
もちろん、あなたも入れます。
会社の中にないのですから、誰でも入れるとても便利な労働組合です。
お問い合わせは、下のメールフォームの入口から是非どうぞ。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 体調が悪いのに無理に出勤を命じられる

体調が悪いのに無理に出勤を命じられる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!