友人が酷い働かせ方をさせられているときどうしたら

こういうことがあるのではないでしょうか。

友人が、酷い働かせ方をさせられています。深夜まで働かされるわ、休日までサービス出勤させられています。それでも本人は我慢しています。こういうとき、わたしはどうしたらいいでしょうか。

友人に代わって何かをしてあげることはできない

世の中には、いろいろな問題があります。
そのすべてを解決できるほど、あなたは「英雄」ではありません。
それに、英雄になってもいけません。

一人で解決するのではなく、みんなで解決するように仕向けることこそ重要です。

友人に希望を示して共に行動する

一人で行動するのではなく、みんなで解決に向けて行動できるように仕向ける。
このことを不得意にしている人が多いのではないでしょうか。
仕事があると、全部自分でかたづけようとして、休まない人はそういう人です。

発想としては、その友人を主人公になるよう仕向けることです。
あなたは、そのコーディネートをしてください。

どうしたらよいか筋書きを考え、その友人と共に行動することで、成功する一歩目を見せてあげてください。
職場のトラブルを直接解決できなくても、それ以外でいいのです。
仕事で何らかの問題を抱えていると、生活にも影響が出るはずです。
それを探して、問題解決してみましょう。

希望を示そう

とにかく、何らかのトラブルを一つだけ解決できそうだという状態にもっていきましょう。
そうすれば、自信がつきます。
成功に向けて行動できます。
あなたはその友人の横に並んで、希望を示すことが使命です。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 友人が酷い働かせ方をさせられているときどうしたら

友人が酷い働かせ方をさせられているときどうしたら

本人に希望があることを示そう

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!

この記事へのコメントはこちら