それ本当に固定残業代?固定残業代が満たすべき条件

残業時間にかかわらず、定額の支払われるがありませんか?
あったら要チェックです。なぜなら、本当にそれを固定残業代として扱って良いかどうか問題があるからです。
このことは裁判や最近の求人票の改善として現れています。

基本給に残業代を含むなどという場合は論外ですので、ここでは、その名称はともかく、就業規則や契約書に、基本給とは別に、固定残業手当が割増賃金の支払いに変えて支払うとなっているとしましょう。

固定残業代が、時間外労働の生じない労働者にも支払われていませんか?

たとえばパートタイマーの場合、通常は残業がないと思いますが、その人にまで支給されていたらおかしなことになります。逆に時間外労働をしているのに固定残業代が支払われていない人がいれば、これまた怪しいことになります。
残業のある人全員に固定残業代が支払われており、残業のない人全員に支払われていないという状態でなくてはいけません。

固定残業代に別の手当が混ざり込んでいませんか?

たとえば成果給などが入っていれば、それは時間外労働の対価とは言えなくなります。また、会社の業績がいいときにはたくさん支払われて、そうでないときは少なくなるというような場合も時間外労働の対価とは言えません。あくまでも、固定残業代は、時間外労働の対価としてのみの意味を有していなければなりません。

固定残業代には、どれぐらいの時間外労働の時間数を含むかわかっていますか?

固定残業代は支払われるけれども、どれぐらいの残業時間を含むのかわからないような場合は、そもそも残業代なのかどうか怪しくなります。また、残業代といっても、通常の時間外割増もあれば深夜割増や休日割増もあります。こういうことをはっきりさせていないときは、固定残業代とは言えません。

固定残業代に含まれる時間外労働の時間数を超えて残業したときは追加で残業代が支払われると明確にされていますか?

長時間の残業をしたときには、固定残業代とは別に残業代が支払われることが当然明らかになっていなくてはいけません。じっさいに給与明細にそうなっていますか?追加支給もなし、実態としてもそうなっていないときは、固定残業代とは認められません。

追記
いくつかの求人票、給与明細を調べていました。
私たちからは、固定残業代に関するもう一つの見極め基準を提案したいと思います。
その固定残業代はあまりにも長時間の残業を想定した金額になっていませんか。たとえば月100時間分の残業代を含んでしまうほど、すごい金額になっていたとしたならば、事業主は36協定を守るつもりはあるでしょうか。過労死を防止するつもりはあるのでしょうか。追加分を支給するという約束は本当に果たすつもりなのでしょうか。残業もしていないのに支給する手当というのは何なのでしょう。つまり、そもそもそれは、実態として固定残業代なのか怪しいのではないでしょうか。

まとめ

固定残業制度は、正しく運用すれば必ず使用者にとって不利になる制度です。労働者にとっても残業を前提とした業務計画であり、決していいことはありません。

固定残業代があったら、ご相談ください。

メールフォームはこちら

それ本当に固定残業代?固定残業代が満たすべき条件

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!