居酒屋に就職したら辞めさせてくれない

人手不足が言われています。
かといって、賃金や労働条件が高くなるわけではありません。

居酒屋に就職しました。労働時間が長く、休憩も取れるか取れないかです。
そこで、「辞めたい」と言ったら、「求人広告代を払え」「次の人が見つかるまでやれ」と言われました。

長時間労働をなくす

居酒屋は、仕込みの時間が前もってあり、夕方から深夜までの営業時間、後片付けまでが労働時間となることが多いでしょう。休みの日の前は稼ぎ時になるので、休みも取りにくくなります。
もともと、時間単価の高い産業ではないので、長時間労働になりやすいということは知っておいて損はありません。

だからといって、それがそのままでいいということではありません。
長時間労働は健康を害します。
いくら将来、自分の店を持ちたいという夢があったとしても、身体を壊してしまっては元も子もありません。

長時間労働は、改善すべきです。

求人は会社の費用

人手を雇うことは、会社の裁量ですし、費用を支払う必要もありません。
会社は採用する自由がありますが、労働者には退職する自由があります。これでバランスが取れています。
だから、引き留めに応じるかどうかは、こちらで決めて問題はありません。

労働組合を作ることが大切

実は、こうした相談はよくあります。
これらを解決するには、そもそも人手不足だという点を中心にして、交渉しなければなりません。
また、同業他社がそのままだと、自社だけが改善することも容易ではありませんから、業界全体を改善する方向へ持って行く必要があります。

こうしたことは、とても一人でできるわけもありませんし、国もできません。
労働者みんなが集まって労働組合を作り、少しずつ改善していくしか道がないのです。

たしかに、簡単な道のりではありません。
面倒だと考えるかもしれません。
自分は関係ないと傍観する人もいるでしょう。
しかし、そのことが事態を悪化させます。

労働組合を作って、業界全体を改善することの重要性について理解を深めてもらいたいと思います。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 居酒屋に就職したら辞めさせてくれない

居酒屋に就職したら辞めさせてくれない

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!