忙しいから辞めさせてくれない

退職に関するご相談です。

上司に退職したいと言ったのですが、忙しいからそれは無理と退職届を突き返されました。
どうしたらいいのでしょうか。

退職は届け出るだけ

労働者と事業主は合意して雇用契約を結びました。
それが「入社」にあたります。

そのときに、雇用条件通知書といった名称の書類を渡されているはずです。
それは労働基準法で定められた手続きです。

使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。

労働基準法15条1項

ここに雇用契約を解除するときの約束事も記載されています。
労働者から事業主に対して、雇用契約を打ち切るときの手続きも書かれています。
チェックしましょう。

無期雇用なら民法では2週間前までに届け出るだけ

期間の定めのある有期雇用契約の場合は、期間の定めも労働条件の一つです。
何か特別の場合がない限り、基本的にはその期間の定めをどちらか一方が変更することはできません。

しかし、一般的な無期雇用契約なら、退職は申し出るだけで2週間後に雇用契約が終了します。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法627条1項

就業規則や体調など総合的に判断しよう

もちろん、会社ごとに就業規則もあるでしょうし、それを待っていられないほどに健康状況が悪化しているなど、いろいろなケースが考えられます。
個別の事情は、それぞれ判断しなくてはなりません。

時に、「急に辞めるなら、求人広告費を払え」などと言って、少額訴訟を提起してくる悪質な会社もあります。
驚くかもしれませんが、そんなブラック企業に負ける必要はありません。

にいがた青年ユニオンに加入して、一緒に学習しましょう。
そうすれば、ブラック企業に負けない態勢を作ることができます。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 忙しいから辞めさせてくれない

忙しいから辞めさせてくれない

辞めるときに許可は必要ありません

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!