息子が深夜まで残業で心配どうしたらいい?

新卒者が入社してから約半年。仕事に慣れてきたとは思いますが、家族にとっては心配なこともでてくるのではないでしょうか。こんなご相談です。

この春に大学を卒業した息子が入社した会社のことで相談します。
毎晩遅くまで仕事をしています。給料明細を見ると、残業代だけで10万円以上になっています。
息子に話をしようとしても、逆ギレして聞いてくれません。
どうしたらいいでしょうか。

長時間労働はマイナス

息子さんは大学を出て就職できたのに、親として期待していたような余裕のある暮らしではないようですね。余暇を楽しめるようでないと、明日への活力が生まれません。
長時間労働は、生産性を高めることなく、健康不安を生じさせます。ご本人にも、会社にもマイナスです。

本人がとるべき行動

大学を出て、社会人となって仕事を始め、いまはどう思っているでしょうか。毎日が楽しいでしょうか。それとも、つらいでしょうか。
仕事に生き甲斐を感じ、張り切っていると、残業していても楽しく感じられるかもしれません。それで給料をもらえ、学生時代に比べて好きなものを自由に買えたりするでしょう。
しかし、長時間労働はだんだんと身体をむしばんでいきます。過労死したり、精神疾患になったりすることもあります。人生を壊してしまっては、元も子もありません。

長時間労働は、ひとつもいいことがありません。できるだけすみやかに改善すべきです。

家族としてどうするか

本人がとるべき行動を述べましたが、家族としてはそういうふうに思ってもらえるようにどうするかということになるでしょう。
まずは、ご本人が何を思っているのか想像したり、聞き出してみましょう。

新社会人がこの時期に離職すると、再び正社員になれるかどうかはわかりません。「履歴書に傷がつく」と考えていて、ブラック企業であっても辞められないと思い込んでいるかもしれません。現在の働き方は、かつてよりも厳しいものがあります。「こうあるべき」と押しつけると反発しか生まないでしょう。ぜひいろいろ調べてみたり、息子さんの話を聞いて、共感してあげてください。

しかし、あまりにもひどい長時間労働によって、最悪の事態に至ることだけは防がなくてはなりません。帰宅時間などをメモしたりして、「息子の会社は、過重な長時間残業させているのではないか」と労働基準監督署に相談し、情報提供することも選択肢に入れてください。

同時に、一緒に労働組合()に加入して行動してみてください。あなた自身の働き方も見つめ直すことで、一緒に考え、一緒に行動できる家族になるのではないでしょうか。

にいがた青年ユニオンは、過労死や過労自死のような悲劇を繰り返させないために活動しています。ぜひご相談ください。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 息子が深夜まで残業で心配どうしたらいい?

息子が深夜まで残業で心配どうしたらいい?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!