新潟市臨時司書職員が学校図書を転売「生活費に」というが給料はいくらか

「新潟市が5月30日、市立中学校で働いていた臨時司書職員が学校図書を転売したとして刑事告訴した」というニュースが流れました。
新潟日報の記事によれば、臨時司書職員は「金銭的に厳しく、食費など生活費に使った」と語っているといいます。

さて、学校図書を転売したことは責められなければならないのですが、その理由として「食費など生活費に使った」と述べているのですから、いったいどれぐらい賃金をもらっていたのか気になるところ。
そこで、調べてみました。

新潟市ホームページによれば、臨時学校図書館司書の求人条件は、以下の通りです(更新日2012年6月1日)。

d7b5656f-s 新潟市臨時司書職員が学校図書を転売「生活費に」というが給料はいくらか

司書資格が必要であるにもかかわらず、雇用期間は「学期ごと」。
確認できませんが、このような場合、学期間の子どもたちの休みの日(夏休み等)は雇用がないと思って間違いないでしょう。つまり、年間の中で考えると、無給の期間が生じてくるので、年収ベースでは月平均×12ヶ月ではないと考えてください。

時間単価は、820円に過ぎません。
しかも、週30時間ならばともかく、週27.5時間などという「社会保険加入逃れ」の労働時間ともなれば、可処分所得はぐんと低くなります。

手取りはどうなるか計算してみましょう。

週30時間だとして、
820円×週30時間=24600円。
ちょっと少なめですが、1ヶ月を4週間(28日)とすれば、
24600円×4週=98400円。
これが総支給額に当たります。
ここから税金や社会保険料などを差し引くので、目安としてはだいたい8掛けしておきましょう。
98400円×0.8=78720円。

これでは、生活が苦しくなるのは当然です。
ましてや、週27.5時間では、なおのこと。

つまり、そもそも論から見直さなければなりません。
こんな低賃金で、地域住民を働かせることによって、新潟市はどうしたいかということです。

新潟市は被害者ぶっています。
しかし、実は加害者の面もあることを忘れてはいけません。

新潟市臨時司書職員が学校図書を転売「生活費に」というが給料はいくらか

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!