暴言がひどく辞めさせてくれるか心配

こんなご相談です。

上司の暴言がひどく、仕事を辞めようと思うのだけれど、人手が足りないんで、すんなり辞めさせてくれるかどうか心配です。どうしたらいいでしょうか。

まずは、退職届を出しましょう。

退職する自由がある

働く人には職業選択の自由があるとおり、退職する自由があります。
働く期間の定めのない労働契約を結んでいる場合は、いつでも退職を申し出ることができます。

まず、就業規則を見てみましょう。もしも、就業規則が普段見れない場合は、それに従う必要はありません。
そこに「1ヶ月前に退職の申し出をすること」などと書いてある場合もあるかもしれません。このときは微妙です。これが、たとえば、半年も前だとしたら、あまりにも長い期間を定めていて、退職の自由を侵していると言えるでしょう。

法律上は、退職日の2週間前に申し出れば、2週間後には労働契約は解約され、辞めることができます。

このとき、もしも有給休暇を使い残していたら、使い切ってみてはどうでしょうか。仕事の引き継ぎ等は常識の範囲内で考慮してもよいと思いますが、基本的にはそのような考え方でよいということです。

我慢しなくてもいい

しかし、暴言を2週間も聞き続けるのは苦痛です。
もしも我慢ができないというのなら、すぐに辞めてしまいましょう。会社には、そうした環境を野放しにしない義務があるのに、それを果たしていないのですから、自分の身体を守る方が優先です。

期間に定めのあるときは注意

期間に定めのある人の場合は、その期間は働く義務があります。基本的には途中で辞められませんが、「やむを得ない事由」があれば、ただちに労働契約を解除することもできます。
たとえば、心身に障害を負った、家族の介護や育児が必要になったなどが考えられます。
また、労働条件が提示された者と違う場合は、契約期間中でもただちに辞めることが可能です。

自己都合ではないときもある

やむを得ない理由で退職しなければならなかった場合、雇用保険給付で自己都合になるのかそうでないのか、よくよくハローワークの窓口で確認してください。たとえば、パワハラを受けたため退職したというようなケースは、「特定受給資格」となり、3ヶ月の待機期間がなくなり、給付日数も増えます。
事情を包み隠さず話して、主張すべきは主張しましょう。

暴言がひどく辞めさせてくれるか心配

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!