朝起きて職場に足が向かない

あなたにも、こんなことはないでしょうか。

入社したてです。仕事を覚えるために、がんばってはいるのですが、教えてくれる上司が一方的に怒ってきます。そのため、最近になって、出勤前になると、吐き気や頭痛がして、身体が動かないようになりました。上司の怒る声も聞こえる気がします。数日休んでいたら、上司から電話があり「おまえは仕事に向いていない」と言われました。どうすべきなのでしょうか。

まず健康を取り戻す

病院には予約したばかりだとのことですが、まずは健康を取り戻すことが何よりも最初です。
このことが労働災害になるのかどうかは病院に行った後で考えてください。
まずは、健康を取り戻しましょう。

その他の心配事は他人を頼る

仕事はどうしよう。続けようか、転職しようか。
生活費はどうしよう。病院代もかかるし。
今は、いろいろと心配なことがあると思います。
こうした判断は、こうした精神的な病気で、特に判断力の鈍っているときにやるべき事柄ではありません。
できることなら、ご家族や友人などの手を借りてください。

仕事への向き不向きとは

上司から「仕事に向いていない」と断言されてしまったこともショックの一つではないかと思います。
人間ですから、いろいろな性格の人がいることは当然です。
何でも新しいことにチャレンジする人もいるでしょうが、臆病がって同じことをやり続ける人もいます。
でも、どちらが優れているというものではありません。

経営者が求める労働者像にあわなかったということもあるでしょう。
担当上司が新入社員への教え方が下手だったということもあるでしょう。
こればかりは人間社会において完全な100点にはならない問題です。

とにかく、いまはそんな些細なことを気にせず、まずは休んで心身のリズムを整えてください。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 朝起きて職場に足が向かない

朝起きて職場に足が向かない

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!