監視して口うるさくされるのはどうしたら

こんなご相談です。

仕事に少し慣れてきたところです。でも、ある先輩が私の仕事のことばかり監視するような感じで、ちょっと違うと言ってやり方を変えるように指示してきます。でも、他の人にはそこまで厳しく指示しているわけではないんです。どうしたものでしょうか。

仕事上の指揮権は上司にある

まず、ある業務をどのように遂行するかを決めるのは、使用者である上司です。労働者本人ではありません。手間がかかろうと、時間がかかろうと、非効率であろうと、とにかくそのやり方にしろというのなら、それに従ってください。
もしかしたら、簡略化した方法でも、同じ結果が得られる可能性はあります。ですが、ミスする可能性など、そうしたことの可能性を減らすために、あえて手間数のかかる方法を選択しているケースもあります。

なお、先輩がそれを言ってくるとの相談ですが、使用者がその先輩にそうした指揮権を与えている場合は、当然それに従わなければなりません。
ただ、会社によっては、それがあいまいで、ある先輩はこう言って、別の先輩は別のことを言うというふうに、部下としては逆に混乱するケースがあります。これは、指揮系統を明確化せず、何となくにしてしまっているため。
この場合は、指揮命令権を持っている上司に伝えて、指示を明確にしてもらうようにしましょう。

そのため責任は上司にある

そうした関係にあるので、たとえ時間がかかる命令であっても、その指示に従えばいいのです。
その責任を取るのは、当然、上司です。

「こっちの方がやりやすいのに…」と思っても、とりあえずは従ってください。
ただ、後で何かの会議があるときに、その件を提案してみたりするといいでしょう。

えこひいきなら、上司としての責務を果たしていない

仕事の指示されることそのものは業務なのですが、他の人には何も言わず、自分にだけターゲットを絞ってくるというのなら、それはおかしな対応です。
上司には、指揮命令系統を明確化して、命令をはっきりさせ、業務を順調に遂行させる必要があります。
ある人には曖昧な命令で、自分にだけ厳格な命令だとしたら、それはえこひいきの可能性があります。

ただ、ご相談の内容だけでは、本当にえこひいきなのかどうかわかりませんが、職場全体を眺めてみて、自分だけ嫌がらせされているのなら、パワハラの始まりです。記録しておくようにしましょう。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 監視して口うるさくされるのはどうしたら

監視して口うるさくされるのはどうしたら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!