突然の解雇通知!どうしたらいいの?

年度末に多くなる相談です。

突然解雇通知を受けたのですが、どうしていいかわからずにいました。どうしたらいいのでしょうか。

解雇は突然にやってくることが多い

解雇が半年前から予告されていることはまずないです。
たいがい突然にやってきます。
そして、それに対して多くの人が準備していません。

解雇予告は突然にやってくるからこそ、普段からにいがた青年ユニオンのような労働組合に加入して、学習しておかなくてはいけません。
そのときになって、正確に対応できるとは限らないのです。

解雇の手続きとその正当性は別問題

解雇の手続きとしては、使用者側から解雇する日の30日前には予告しなければならないとされています。
もし、それより短い予告期間なら、解雇予告手当を支払ってもらわなくてはなりません。

このルールは、民法では、使用者も労働者も14日前になったら雇用契約の解除を申し出ることができるとされている部分があるので、使用者側からの契約解除()について、労働基準法で上書きしているだけです。

手続きは、そうなんですが、解雇していいのかどうかは話が別です。
雇用契約の契約解除は、労働者側からは自由にできます。
労働条件の有利な方に移動することは、いくらでもあり得ます。

一方、使用者側が解雇することは、労働者の生活を脅かし、ひいては、社会全体を不安定にして、ナショナリズムを煽って差別を煽動したり、戦争や暴動の火種になるので、とても危険です。
そのため、使用者は、こういうときでないと解雇してはいけませんというルールがあります。
「客観的に合理的な理由があり、社会通念上相当であると認められること」という表現がとられますが、あとは個別の状況を司法の場で判断します。

まず解雇理由証明書を請求することから

いきなり司法とか裁判所と聞くと、腰が引けると思います。
最高裁に行くとかなると、まるでオリンピックの1位を取るようなものです。
そういうところは狙わないでください。
まず、1段階目から順番にスタートしましょう。

最初は「解雇理由証明書」を請求して、解雇理由は何なのか、それを文字にしてもらうことです。
「あなたはクビだ」と言ってきた人に対して、「ならば、解雇理由証明書に解雇理由を書いてすぐに渡してください」と反撃します。
抽象的に書いてきたら、「抽象的に過ぎるから、もっと具体的に書いてください。それとも具体的に書けないんですか」と追撃してください。

その後、解雇理由が確定し次第、裁判所へ行ってもいいし、労働組合へ行ってもいいでしょう。そこからが2段目のステップになります。

泣き寝入りは避けよう

1段目のステップも踏まず、泣き寝入りすることは、人生80年をトータルで考えたときに、損をします。
確実に損をします。

理不尽なことに対して、ちょっとでもいいから動けなかったという経験は、マイナスに働きます。
別の局面でも、躊躇させる原因になります。

一方、動けていたら、次の時には動けるようになるものです。
それが人生トータルをプラスに導きます。

オリンピックの1位になる必要はないんです。
1歩目の階段さえ踏み出せば、結果はその次の話なんです。

というわけで、ぜひにいがた青年ユニオンに入ってくださいね~。
下のお問い合わせフォームへのボタンからどうぞ。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 突然の解雇通知!どうしたらいいの?

突然の解雇通知!どうしたらいいの?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!