自己都合退職か会社都合の解雇か選べと言われたら→どちらも拒否で

先日、退職勧奨を受けた場合について書きました。今日はその続きにもなります。

こんなご相談です。

「もうあなたはいらない。自己都合の退職がよいか会社都合の解雇がいいか、選ばせてやるから、どちらか選びなさい」と言われました。

答えとしては、理由がないなら、どちらも選ぶ必要はありません。

仕事を辞める必要がない

退職が良いか解雇が良いかと選択肢を迫っていますが、なぜ仕事を辞めなければならないのでしょうか。心当たりがないのであれば、自ら辞める必要はありません。

解雇だと言ってきたら

「それなら解雇だ」と言ってくるかもしれません。
それならその時に、争いましょう。
まず、なぜ解雇されなければならないのでしょうか。その理由を問いただします。すみやかに「解雇理由証明書」を発行してもらいましょう。それと同時に、不当解雇だから解雇を認めないという旨も会社に伝えましょう。

失業手当は「仮給付」

とはいえ、当面の生活資金に困るかもしれません。
失業手当をもらいたいということもあるでしょう。その場合は、解雇されたのかそうでないのか争っている最中なので、「仮給付」してもらいましょう。
会社から離職票を受け取ったら、離職理由に正しい離職理由を記載して、ハローワークの窓口で事情を説明し、仮給付の手続きを行います。

資料を集めましょう

即日解雇でない限り、しばらく職場にいることができます。
就業規則等を手に入れましょう。

まとめ

簡潔にまとめましたが、解雇されると、自分を否定された感じとともに、もう会社と関わりたくないという感情が湧いて出てきます。それは人間として当たり前です。
ですが、それをそのままにして泣き寝入りすると、その後の人生にも悪影響を与えますし、会社はあなただけでなく、他の労働者も同じ目にあわせますから、また誰かが不幸になります。
それを止められるのは、あなたしかありません。
当面の生活も維持しつつ、争うことは容易ではありませんが、だからといって、絶対にできないわけではありません。
一歩踏みとどまることが、あなたの人生を大きく変えるはずです。

解雇に対する対応の詳細は、次のページをお読みください。
解雇されたときの対処法

自己都合退職か会社都合の解雇か選べと言われたら→どちらも拒否で

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!