経営が苦しいからクビ!?解雇4要件を確認しよう

こんなご相談です。

会社の経営が苦しいからという理由で、解雇通知をもらいました。どうしたらよいでしょうか。

このように、会社の経営が苦しいときに行う人員整理を「整理解雇」と呼びます。
整理解雇はどのような時に行われるものなのでしょうか。

整理解雇がやむをえないものかどうかを判断するのに、4つのポイントがあります。それが、整理解雇の4要件です。このうちいずれのポイントも欠けてはなりません。

  • 人員整理の必要性
  • 解雇回避努力義務の履行
  • 被解雇者選定の合理性
  • 手続きの妥当性

まず、解雇しなければならないほどの経営上の理由があるかどうかです。これについては、経営者は単に「経営が苦しい」というだけでなく、具体的な数値をあげて説明するなどが必要です。

次に、解雇ではなくて、たとえば役員報酬を削減したか、新規採用を削減したか、希望退職を募集したか、配置転換を行ったかなど、整理解雇を回避するための努力をしたかどうかが問われます。

さらに、人選基準が合理的でなくてはなりません。たとえば、労働組合員を毛嫌いし、組合員だけを狙い撃ちして解雇するようなことは認められません。

最後に、労働者()への説明、協議等の手続きがきちんとなされたかどうかです。

どうでしょうか。
使用者はきちんと手続きを踏んでいたでしょうか。

このような場合を想定したとき、労働組合はとても重要だということがわかります。
労働組合がないと、それほど大したことがないのに、「経営が苦しいから」といって、自分の嫌いな人を狙い撃ちしてクビにすることがありうるからです。

このご相談者のような場合はもちろん、何もないあなたも遅くありません。
むしろ会社とトラブルらしいトラブルが何もない時だからこそ、ぜひにいがた青年ユニオンに加入してください。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 経営が苦しいからクビ!?解雇4要件を確認しよう

経営が苦しいからクビ!?解雇4要件を確認しよう

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!