転職したいが簡単には辞められない

こういうケースは、とても頭を悩ませます。

今の職場の賃金が低いので転職したいのですが、家庭の事情もあり、雇用保険だけで何とかなる状況ではありません。今の会社を辞めたらすぐに次の会社へ転職できるようにしなければいけないのですが、年齢のこともあり大変です。

賃上げを訴える

どうやったら解決できるのか考えてみましょう。
まず、今の会社の賃金が低すぎるというのですが、フルタイムで働いているのに、そこまで低いというのは行政の下請けだからだとのこと。
いま、自治体は、何をおいても経費節約をしていますが、そういうところにしわ寄せがいくわけです。
でも、本来ヘンですよね。
住民が安心して暮らせるようにするための自治体が、住民を苦しめているのですから。

せめて、まともに暮らせる賃金水準にするように、仲間と共に交渉する方法があります。

収入を増やすには労働時間が延びてしまう

転職をして収入が増えるためには、どうなったらいいのかといえば、
時間単価 × 労働時間
これが大きくなればいいのですけれども、残念ながら時間単価というのはそうそう大きくなりません。
最低賃金が低すぎるために、こんなことが起きますし、転職すれば、その会社では1年目ですから、それまでの経験がリセットされるかもしれません。

そうすると、いきおい労働時間を増やすことになります。
あるいは、深夜専門の仕事にということも起きてきます。

家庭の事情で収入を増やさなくてはならないとのことでしたが、そのような状況になっても大丈夫なのかどうか、考えておく必要はあります。

もちろん、根本的な問題は、最低賃金が低すぎるために、時間単価が全体に低い水準で抑えられているというところにあります。

転職先をよく調べる

転職先の会社のことはよく調べましょう。
ホームページなどは、いいことしか書いてありません。参考程度にしましょう。
ハローワークに出ている求人票で、よく条件を見てみてください。
年がら年中、求人されている。
会社規模に対して、募集人数が大きすぎる。
そうした会社は、辞めていく人が多いということを示していますから、気をつけてください。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 転職したいが簡単には辞められない

転職したいが簡単には辞められない

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!